Adobe、iPad版「Photoshop CC」のフルバージョンを2019年にリリースへ

Adobe ipad photoshop

Adobeは10月15日、同社の「Adobe Max」カンファレンスにてiPad向けに「Photoshop CC」のフルバージョンを2019年にリリースすることを発表した。デスクトップ上で利用できる機能を引き継ぎながら、タッチ操作に最適化されるという。

クラウドで同期、デスクトップ版とシームレスに行き来可能

Photoshopユーザーはレイヤーも含むPSD形式ファイルをiPad内で編集することができるようになり、UIはデスクトップバージョンと大きくは異ならない。

Adobe Photoshop for ipad

Creative Cloudライブラリに保存されるため、デスクトップ版とiPad版でシームレスに行き来することができる。「Apple Pencil」による操作にも対応する。

「Photoshop」の正式発表に加え、Adobeはクロスプラットフォーム対応のドローイング&ペインティング用アプリ「Project Gemini」を発表

Adobe Gemini app

タッチペンやタッチデバイス向けの新たなデザインアプリとして、同じく2019年にiPad版が先行してリリースを予定。将来的には他のデバイスでも利用可能にする計画があるという。

「Project Gemini」はPhotoshopを含むCreative Cloudのアプリとシームレスにつながるため、PSDファイルをGeminiに取り込んで自由に創作を行うこともできる。