ソフトバンクオンラインショップ

Photoshop for iPad、最新アップデートで「被写体を選択」機能に対応

Adobe Senseiを利用したAIツール、ワンタップで自動的にレイヤーのメインの被写体を正確に選択可能に

Photoshop for ipad Select subject

Adobeは「Photoshop for iPad」をアップデートし、「被写体を選択」機能に対応した。同機能はAdobe Senseiを利用したAIツールとなっていて、ワンタップで自動的にレイヤーのメインの被写体を正確に選択することが可能になっている。

また、同アップデートではクラウドドキュメントが大幅に改善され、ファイルのアップロードとダウンロードが最適化。「Photoshop for iPad」でクラウドドキュメントを開いたときのスピードに改善が見込めるとのこと。また、アプリのダークモード設定をiPadOSの設定と連携できるようになっている。

同時に以下の修正内容も反映されているとのこと。

  • UI:レイヤーのサムネール、消えてしまうポップオーバー、オフライン時の更新、ツールオプションの問題に対処するために、UI を微調整
  • ブラシ:マスク時に意図しない修正ブラシが表示される、または意図したときに修正ブラシが表示されない問題を修正
  • 画像の配置:フォルダーと問題なく同期できるようにCCライブラリを更新し、Adobe Stockのライセンス取得済み写真と透かしに関する問題を修正
  • テキスト処理:大文字処理に関する問題と、新規レイヤーと日本語テキストでの「やり直し」操作に関する問題を修正
  • 入力:キーボードとUIのバグに対処するために、ぼかし(ガウス)とショートカットツールを更新
  • その他:ファイルを開く際にクラッシュ引き起こす問題、適切な画像サイズの問題、画面分割表示のUIバグに対処

「Photoshop for iPad」は30日間の無料体験付きで、月額1,080円から利用可能。既に「Adobe Photoshop」のメンバーシップを所有している人は追加契約をすることなく利用できる。

Adobe Photoshop CC|12か月版|Windows/Mac対応|パッケージ(カード)コード版
アドビシステムズ (2019-03-13)
売り上げランキング: 138
関連情報
更新日2020年01月05日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. んちまみ

    まだまだなんだけど、課金だけはいっちょまえな料金とるんだよねー_(┐「ε:)_

  2. 通りすがりの読者

    パス使えないPhotoshopはほんとデザイン業務で使えない。

    1. g.O.R.i

      まあまあ落ち着いて!アップデートで順次機能が追加されますから、必要な機能が使えるようになってから使えばいいんじゃないですかね!

「iPadアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索