M1チップに最適化されたGoogle Chrome、正式リリース

公式サイトより再ダウンロードが必要、ネイティブアプリ化の効果は劇的

Google Chrome for Mac 01

Googleが、M1チップ搭載Macに最適化されたGoogle Chromeのネイティブアプリ現地時間水曜日にリリースした。日本でも配信開始されている。

当初はGoogle Chromeのバージョン87と同時に公開される予定だったが、クラッシュするなどの不具合が発覚。一時的に取り下げたと報告している。

最新バージョンの「Google Chrome 87」は、”過去数年で最大の進化”と謳う大規模なアップデート。CPUの使用量が最大5倍削減され、電池持ちが1.25時間増え、起動が25%高速化しているという。

Google Chromeは、x86バージョンがM1チップ搭載Macで動作していた。使い勝手は従来と変わらないが、M1チップおよびmacOS Big Surに最適化されたSafariと比べると起動速やページの読み込み速度は目に見える差があった。

アップデート後、ネイティブアプリ化したGoogle Chromeのパフォーマンスは目に見えて改善した。起動が高速化し、ページの読み込み速度も速くなった。バッテリー消費への影響は不明だが、AppleシリコンMacに最適化されたことで多少は改善されていると期待できる。

関連情報
カテゴリGoogle Chrome
タグ#M1
更新日2020年11月19日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. あり

    >Safariと比べると起動速やページの読み込み速度は目に見える差があった。
    そんなにハッキリと遅かったのですか?

    1. g.O.R.i

      はい、ハッキリと遅かったですね。特に起動!Chromeはめちゃくちゃ遅いです。

「Google Chrome」新着記事
トレンド検索