学生みんなが特待生。

Google、誰も使わないため「Chrome 46」で「Ok Google」を無効化

Google Top

大きいハッキリとした声で「オーケー、グーグル!」と言ってももうGoogle Chromeは反応してくれない。

VentureBeatによると、GoogleGoogle Chrome」の最新バージョン「Chrome 46」にて「Ok Google」と呼び掛けて立ち上がる音声検索機能を無効化したと報じている!

音声検索を利用するためにはマイクボタンをクリック!

そもそも「Ok Google」とブラウザに呼び掛けて反応することを知っていた人がどれほどいるだろうか。少なくとも僕は把握していなかった。

この機能は2013年3月に拡張機能としてリリース。その後、2014年5月にリリースされた「Chrome 35」でブラウザの一部として実装されたようだ。

Ok google
【image via VentureBeat

今回、「Ok Google」はMac、Windows、Linux版の「Google Chrome」で無効化されるものの、モバイル版の「Google Chrome」ならびにChromebookでは引き続き利用可能であるとのこと。

また、音声検索そのものが無くなる訳ではない。検索ボックスの右側にあるカラフルなマイクボタンをクリックすればキーボードを叩くことなく気になるワードを検索することができる。

ところで、以前、「Chrome 46」は体感できるほどパフォーマンスが改善されていると伝えられていた。個人的には全くと言って良いほど体感できていないのだが、皆さんはいかがだろうか。

Mac版「Google Chrome」の次期バージョン、パフォーマンスを大幅改善

Google Chromeの通知センター、誰も使わないため廃止へ

Google Chromeで「1Password」が「アイテムを書き込むことができません」と表示された時の対処法


(via The Next Web