Google Chromeの通知センター、誰も使わないため廃止へ

Chrome Notification Center 【image via 9To5Google

Google Chromeに通知センターなる機能が存在していることを知っている人はどの程度いるだろうか。知っていたとしても使っている人はどの程度いるだろうか。

本日、GoogleGoogle Chromeの通知センター機能の提供を終了することを発表した

「シンプルさを保つ」という名目で提供終了

世の中のあらゆるプラットフォームサービスにおける大きな課題は通知管理だ。OS XとiOSの通知センターはようやく通知ごとに時系列順で表示してくれるようになったが、「通知管理」という観点では特に大したことはしてくれていない。

Google Chromeもブラウザ内の通知を管理するために通知センターを2013年にリリースしたが、結果的に全く使われていないことが判明し、「シンプルさを保つ」という名目で2年間でサービスを終了する運びとなった。

However, in practice, few users visit the notification center. To keep Chrome simple, it will be removed from Windows, Mac, and Linux in the upcoming release. The notification center on Chrome OS will remain unchanged.

via Chromium Blog: Streamlining Notifications on Desktop


言うまでもなく、僕もGoogle Chromeの通知センターは全く使用していない。通知管理はOS Xに任せてもらい、RAMの使用量や電池持ちへの影響に関する開発を積極的に進めてもらいたい。

「Google Chome 45」、RAMの使用量を改善!平均10%も削減に成功


Google Chrome、2015年9月1日からFlash広告はデフォルトで停止


Mac版「Google Chrome」の次期バージョン、パフォーマンスを大幅改善


(via 9To5Google

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!