Google Chromeでピクチャ・イン・ピクチャを利用する方法

Picture in Picture in Google Chrome 70

Google Chrome 70」では動画再生時における「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能が利用可能になっている。

「ミニプレイヤー」機能は、再生中の動画をタブ内で小型化し、YouTubeを開いたタブ内で他の動画を探すことができる機能。「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能は、ブラウザ外にミニプレイヤーを表示することができ、他のタブや別のアプリを使いながらでも画面の片隅に置いた動画再生画面を見ることができる。

YouTubeは右クリックをダブルクリックでメニューが出現

YouTubeの場合、簡単にピクチャ・イン・ピクチャを利用することができる。再生画面を2回右クリックすると下記のようなメニューが表示されるため、「ピクチャーインピクチャー」を選択するだけ。
Google Chome Picture in Picture 01

クリックすると、再生している動画が右下に独立したフローティングウィンドウとして出現。
Google Chome 70 Picture in Picture 02

別のタブを開いても動画は再生され続ける。再生元のタブにはピクチャ・イン・ピクチャを利用していることが分かる青いアイコンが表示される。
Google Chome 70 Picture in Picture 01

ピクチャ・イン・ピクチャ機能で出現するフローティングウィンドウはリサイズも配置も自由にできる。13インチ型「MacBook Pro」のデフォルト解像度で最も大きく表示した状態が下記。ここまで大きくするなら普通に独立したタブで表示した方が良さそうな気も……。
Google Chome 70 Picture in Picture 05

YouTube以外の埋め込み動画をピクチャ・イン・ピクチャとして再生したい場合、「Picture-in-Picture」という拡張機能をインストールすれば利用できる。よく使う場合はインストールしておいても良いかもしれない。

(via 9to5Google