Google Chrome、2015年9月1日からFlash広告はデフォルトで停止

HTML5 【img via slavik_V

Google Chrome」のブラウジングが少し快適になり、電池持ちも心なしが伸びるかもしれない!


AdWordsのGoogle+投稿によると、本日9月1日からGoogle Chrome」はFlash広告をデフォルトで停止すると発表している!

ブラウザとしてのパフォーマンス向上に期待!

Flash広告に限らずFlashコンテンツ全般はコンピューターの性能を蝕む原因の1つ。意図的にそのコンテンツを閲覧しているのであればまだしも、見たくもないFlash広告が勝手に再生されMacBookの電池を消耗するのは勘弁してもらいたい。

今後は広告などユーザーにとって重要ではないと判断されたFlashコンテンツはデフォルトで停止状態にする模様。閲覧したい場合はコンテンツをクリックすれば再生されるようになる。

この切り替えにより、Googleは電池持ちが改善されウェブの閲覧スピードが向上するとコメント。ブラウザとしてのパフォーマンスが向上することは素晴らしいことだ!

もちろん、Googleが広告主を見捨てるようなことをするはずはない。現状あるFlash広告を自動的にHTML5に変換することも併せて発表している。

Googleは今年の1月にYouTubeの動画プレイヤーをHTML5に移行している。


ユーザーにもコンピューターにも優しい「Google Chrome」を目指して今後の開発にも期待!

Google、「iOS 9」のセキュリティ仕様を掻い潜る広告配信コードを発表し、物議を醸す


Google Chromeで応答しない特定のタブを強制終了する方法


Google Chrome、動画が勝手に自動再生されない機能を準備中


(via TechCrunch

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. DELL、”世界最小”を謳う15インチ型ノートPC「XPS 15」の新モデルを発表
  2. 「macOS Sierra 10.12.3」、正式リリース!MacBook Pro 2016年モデルにおける一部不具合を修正
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「iOS 10.2.1」、正式リリース!バグの修正およびセキュリティ問題の改善
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!