Google Chrome、来月からFlashを実質”完全にブロック”へ

google-chrome-logo.jpg

Flashの残した功績は大きいが、もう十分活躍したから引退してOK!

Google Chrome Blogによると、「Google Chrome」は来月にリリース予定の「Google Chrome 53」でバックグラウンドで読み込むFlashも含め、実質的に”完全にブロック”することを明らかにしている!

読み込み速度向上、電池持ちの改善などが期待される

今年の5月に年内までにFlashをデフォルトでブロックする方針を明らかにしたGoogleだが、反映されるのが予想以上に早く、驚いている。

Flashがブロックされることによってユーザーが享受できるメリットは大きい。読み込み速度が向上するだけではなく、ノートパソコンの電池持ちが改善されることが期待される。

今年の12月にリリースが予定されている「Google Chrome 55」ではHTML 5をデフォルトとし、Flashが再生されるのはHTML 5未対応のサイトのみになるという。未対応サイトは初回訪問時にFlashを有効化するかどうか聞かれる仕様となるため、場合によっては離脱率が上がりそうな予感。早めにHTML 5対応した方が良さそうだ。

(via The Next Web