ソフトバンクオンラインショップ

Google Chrome、バッテリーを過剰に消費する広告をブロックへ

過剰に”重い”広告はユーザーが見る前から強制的に非表示に

Google Chrome Blocking Heavy Ads 01

Googleは現地時間5月14日、コンピューターのリソースを過剰に使用する”悪質”な広告をブロックする方針発表した。仮想通貨のマイニング関連広告などは、ユーザーに知らせずにバッテリーやネットワークデータを必要以上に消費するという。

0.3%の悪質な広告が、27%ものネットワークデータを使用している

Googleは今後、ユーザーが広告を目にする前に使用できるリソースを制限する。広告が以下の制限に達した場合、広告は強制的に排除され非表示になる。

  • ネットワークデータの使用が4MBを超える
  • CPU使用時間が任意の30秒間以内に15秒を超える
  • 合計CPU時間が60秒を超える

Unloaded Ad in Chrome Image 00
リソースの使用過多で制限された広告の表示例

Googleの調べによると、制限を超える広告は全体の0.3%だが、ネットワークデータの使用率は27%、CPU使用率は28%も占めるという。

コンピューターのリソースを過剰に使用する広告をブロックする機能は、今後数ヶ月かけて開発し、8月末までにリリースする予定。先行して試したい場合は、試験運用機能をテストできる「about:flags」から有効化できる。

chrome://flags/#enable-heavy-ad-intervention
関連情報
カテゴリGoogle Chrome
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Google Chrome」新着記事
トレンド検索