「Command + Q」で意図せずGoogle Chromeがで終了することを未然に防止する方法

Google Chrome Command Q Problem

Macで「Google Chrome」をメインのブラウザとして使っている人は多いが、多くの人が同じ悩みを抱えている。

それは「Command +W」を押してタブを終了したかったのに「Command + Q」を押してしまい、全てのタブを閉じてしまうと同時にChromeが終了してしまう、ということ。確かに隣同士のキーなので押し間違えてしまう可能性も十分あり、控えめに言って悲劇だ。

特に「MacBook Pro 2016」に買い替えた人はキーの間隔がわずかに変わっているため、押し間違えが増えている人もいるのではないだろうか。

そこで、本記事ではこの致命的なミスを防ぐために「Command+Q」で意図せずGoogle Chromeがで終了することを未然に防止する方法を紹介する!

対処法その1:終了する前に警告メッセージを表示する

1つ目のやり方は非常に簡単。Google Chromeを起動した状態でメニューバーの「Chrome」をクリックし、「終了する前に警告メッセージを表示する」をクリックして有効化。

Ask before quitting

たったこれだけで誤って「Command + Q」を押してしまった時でも1回押しただけでは終了せず、もう一度押す必要があるような状態になる。
終了する前に警告メッセージを表示する

対処法その2:キーボードショートカットを変更する

正直なところ、「Command + Q」というキーボードショートカットそのものに罪はないが、「Command + W」とあまりにいも近いので押し間違えが発生してしまう。使用頻度は「Command + W」の方が高いので、「Command + Q」のキーボードショートカットを変えてしまえ、というのが2つめの対処法。

まずは「システム環境設定」を開き、「キーボード」を選択。
Changing Chrome Key Shorcuts

続いて「キーボード」タブを選び、左のパネルで「アプリケーション」を選び、下にある「+」ボタンをクリック。
Changing Chrome Key Shorcuts 01

現在「Command + Q」に割り当てられてある「Google Chrome を終了」という文言をそのまま入力。ここでは書かれている通りに再現しなければならないので、半角スペースなどもしっかりと真似て書くように。
Changing Chrome Key Shorcuts 06

この文言は先ほど「終了する前に警告メッセージを表示する」を有効化した「Chrome」の中にある。
Changing Chrome Key Shorcuts 02

今回、僕は「Comamnd + alt/option + Q」に変更してみた。
Changing Chrome Key Shorcuts 03

Chromeを見てみると確かに反映されている。
Changing Chrome Key Shorcuts 04

よりシンプルにできるのが1つめ、より確実に誤動作を防げるのは2つめ。どちらでも、もしくは両方設定しておいて損はしないと思うので、度々誤って「Command + Q」を押してしまっている人はこれらの設定をお試しあれ!