「Google Chome 45」、RAMの使用量を改善!平均10%も削減に成功

Google Chrome Logo
【img via stshank

シンプルで使い勝手も良いが、パソコンのリソースを知らず知らずのうちに食い潰している「Google Chrome」。少しずつ改善の兆候が見られているが、最新バージョンではRAMの使用量が改善されていることが判明した!

Googleによると、「Google Chome 45」ではRAMの使用量が平均10%も削減されていることを明らかにした

Flashコンテンツの自動再生停止で電池持ちも改善

「Chrome 43」と「Chrome 45」のRAM使用量を比較した動画を公開していたので、参考にどうぞ!確かに最新バージョンの方が少ない。

これは、「Chrome 45」では使用していないアイドル状態のタブのRAM使用量を削減するようになったため、改善されたとのこと。特にGmailのような複雑なウェブアプリでは最大25%ものRAM使用量削減に成功するケースもあるという。

さらに、9月1日から執行されたFlashコンテンツをデフォルトで停止する仕様によって電池持ちが15%も改善されるという。これでようやく他のブラウザと並んだと言えるかもしれない。

最新バージョンはタブの起動時の設定を「前回開いていたページを開く」にしていた場合、最も閲覧頻度の高いタブから読み込む仕様になったとのこと。細かいが大事なことだ。

Where you left off

「Google Chrome」は引き続きパフォーマンスの改善に取り組んでいるとのこと。「Chrome 46」では体感できるほどの違いがあるそうなので、次期バージョンを楽しみに待とう!

Google Chromeの「デベロッパーツール(要素の検証)」画面を独立したウィンドウに切り替える方法

画像付きツイートが簡単にできるアプリ「Twitshot」のChrome拡張機能も便利!

ページ内の全角英数字を全て半角に自動変換!Chrome拡張機能「goodbye “Zenkaku” – さよなら全角英数」が神すぎる


(via The Next Web

もっと読むGoogle Chromeまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読