iOS 14、注目の新機能・変更点まとめ

iPhoneを買い換えなくてもiPhoneが進化する!iOS 14はここが新しい&ここが変わる!

Ios14 top all features

Appleは6月23日、iPhoneおよびiPod touch向けのOS「iOS 14」を正式発表した。開発者向けにはベータ版が早速公開され、パブリックベータ版は7月、一般公開は秋頃を予定している。

iOS 14は、ホーム画面が改良されウィジェットの配置、アプリを整理する「App Library」、ピクチャ・イン・ピクチャなどの機能が追加。Siri、マップ、メッセージ、CarPlayが改良されている。デフォルトアプリの変更も解禁され、メールおよびブラウザとしてサードパーティアプリが指定可能になった。

本記事ではiOS 14の新機能および変更点をまとめて紹介する。

iOS 14をサポートするiPhone/iPod

特に注目するべき新しい機能をピックアップ

ウィジェット

iOS 14では、ホーム画面にウィジェットが追加可能になった。複数サイズに対応し、必要に応じて変更できる。

使用頻度の高いウィジェットを最大10種類までまとめ、ユーザーの動向に合わせて表示するウィジェットが切り替わる「Smart Stack」機能も用意されている。

Apple WWDC20 Keynote 200
ウィジェット

Apple WWDC20 Keynote 317
Smart Stack

Apple WWDC20 Keynote 322
Smart Stackはユーザーの動向に合わせて表示が自動的に切り替わる

アプリ・ライブラリ

iOS 14に追加された「App Library」は、使用していないアプリをまとめて”非表示”にしてくれる機能。アプリはカテゴリ別に分類される。
Apple WWDC20 Keynote 248

リスト表示で探すことも可能。
Apple WWDC20 Keynote 250

Apple WWDC20 Keynote 237
これだけのアプリ数が……

Apple WWDC20 Keynote 239
App Libraryを使って整理すると……

Apple WWDC20 Keynote 243
こうなって……

Apple WWDC20 Keynote 244
こうなる!(ホーム画面のページ数に注目)

着信画面

iOS 14では、着信画面が通知のような表示に変更された。
Apple WWDC20 Keynote 1069

ピクチャ・イン・ピクチャ

iOS 14は、ピクチャ・イン・ピクチャをサポート。動画やFaceTime通話をしながら、他の作業が可能に。
Apple WWDC20 Keynote 349

マップアプリ

iOS 14のマップアプリは、自転車用および電気自動車(EV)用の経路表示に対応。飲食やショッピング用の情報がマップ内から確認できる「ガイド」機能が追加されている。

Apple WWDC20 Keynote 658
傾斜なども考慮してくれる

Apple WWDC20 Keynote 684
電気自動車の充電場所も表示してくれる

Apple WWDC20 Keynote 631
ガイド機能

Siri

iOS 14ではSiriのUIが変更され、ホーム画面を覆わずにSiriボタンのみが出現するUIに。実行内容は通知画面のような表示に変更されている。

Apple WWDC20 Keynote 389
画面を覆わないUIに

Apple WWDC20 Keynote 391
通知のような表示に

翻訳機能

iOS 14は、日本語を含む11カ国の言語で翻訳できる「Translate」アプリが追加。オフラインでも動作

Apple WWDC20 Keynote 463
日本語もサポートされている

Apple WWDC20 Keynote 471
マイクボタンのタップで指定した言語を聞き取り翻訳してくれる

Safari

iOS 14のSafariには、翻訳機能が追加。翻訳をサポートする言語のページが表示されている場合、タップで言語が切り替わる。

Safari translation

Appleによると、SafariのJavascriptパフォーマンスは、AndroidのChromeよりも2倍以上高速だという。

AirPods

AirPods Proは、「空間オーディオ」機能が利用可能になる。頭部の動きを検知するセンサーを使用したダイナミックなヘッドトラッキングにより、左右の耳に届く周波数を微調整。あらゆる空間をサウンドで満たし、臨場感あふれるリスニング体験が実現するという。

視聴するコンテンツは5.1ch、7.1ch、Dolby Atmosに対応している必要があり、利用にはiOS 14をサポートするiPhoneが必要。ただしiPhone 6sおよびiPhone SE(第1世代)はサポート対象外となっている。

Apple WWDC20 Keynote 1303

iOS 14は、AirPodsのバッテリー残量不足を知らせる通知機能、使用するデバイスに自動的に切り替わる「Automatic Switching」機能をサポートしている。

App Clips

iOS 14は、NFCまはたQRコードを使用し、アプリの一部機能をユーザーが手軽に利用できる機能「App Clips」が追加されている。

Apple WWDC20 Keynote 886
QRコードとしても利用できるNFCタグにかざすと出現する

Apple WWDC20 Keynote 889

特集
関連情報
カテゴリiOS 14
更新日2020年06月24日
コメント(9件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    Android使ってる人なら分かると思うんですけど、結局ウィジェットって使わないんですよね。意味ないというか。
    そんなウィジェットでしが、iOSはかなりの後発なのでAppleらしい工夫に期待!

    1. g.O.R.i

      僕はiOSの長押し型ウィジェットを全く使わなかったのですが、あったら使うのかな??個人的にはカレンダーアプリのウィジェットは、Androidを使っていた頃は結構活用していたので、iOS 14で使うかもしれないなぁと妄想しています(ヽ´ω`)

      1. 通りすがりの読者

        ゴリミーさんがAndroidを使っている光景が想像できないです!失礼に感じたらすみません💦いつかAndroidスマホに対する回想録を読んでみたいです。

        1. g.O.R.i

          全然良いですよ、意外とPixel 4とか持ってたりしますよwww 昔はiPhoneとAndroidの二刀流でした!日本にAndroid上陸した頃から使ってましたが、Nexus 6あたりで挫折した気がします、確かw

  2. こっぺぱん

    ウィジェットはAndroid使ってたときに便利だなと思って使ってました!
    楽しみです!

    1. g.O.R.i

      ワクワクしますねー!!!

      1. こっぺぱん

        ウィジェット対応するアプリも増えるでしょうし、新たなものも出てくるんでしょうね!!楽しみです!!
        ゴリさんもAndroidのときに活用していたようですが、個人的にはカレンダーや天気予報が視覚的にパッと分かるものにしたいので。

  3. 通りすがり

    マップアプリを久しぶりに使ってみてずいぶん改良されていることが分かって驚いた。まだGoogleマップやYahooカーナビに及ばないところはあるけれどかなり実用的になっている

    1. g.O.R.i

      実用性はあるんですけど、結構CarPlayとかで使っているとトンチンカンなこと言ってきたりするので、やや信用できないんですよね。。。まだ心配というか。。。

「iOS 14」新着記事
トレンド検索