iOS 14/iPadOS 14、メールおよびブラウザをサードパーティアプリに変更可能に

「Safari」と「メール」以外のアプリを指定することが可能に

Default apps for mail and browser

Apple公式サイトより

Appleが今秋、一般公開を予定しているiOS 14では、メールおよびブラウザをサードパーティアプリに変更できる仕様になっている。従来はユーザー自身による変更は許可されていなかった。

この変更により、「メール」を「Spark」や「Gmail」に、「Safari」を「Chrome」や「Firefox」に、デフォルトアプリとして指定可能になる。

標準アプリの指定を変更できるのは、メールとブラウザのみ。通話アプリ、カメラアプリなどは引き続きApple純正アプリがデフォルトで指定され、変更することはできない。

関連情報
カテゴリiOS 14
/
iPadOS 14
更新日2020年06月23日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがり

    SparkはWindows版も出る予定だし、FireFoxはお気に入りのブラウザなので歓迎

「iPadOS 14」新着記事
トレンド検索