iPadOS 14、注目の新機能・変更点まとめ

Siri、検索、通話のコンパクトなUI、手書き文字のテキスト変換、操作性が向上するサイドバーの追加など

Apple ipados14 widgets 062220

Appleは6月23日、iPad向けのOS「iPadOS 14」を正式発表した。開発者向けにはベータ版が早速公開され、パブリックベータ版は7月、一般公開は秋頃を予定している。

iPadOS 14はiOS 14の基本的な機能を踏襲し、独自の機能を追加。Apple Pencilの手書き入力文字をテキストに自動変換する新機能「スクリブル」が登場。各純正アプリにサイドバーを追加、Siriは画面右下に表示され、視認性および操作性を改良。アプリ、ファイル、ウェブを網羅して検索できる「ユニバーサル検索」機能が用意された。

本記事ではiPadOS 14の新機能および変更点をまとめて紹介する。

iPadOS 14をサポートするiPad

  • iPad Pro 12.9インチ (第4世代)
  • iPad Pro 11インチ (第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第3世代)
  • iPad Pro 11インチ (第1世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第1世代)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad (第7世代)
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第5世代)
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air (第3世代)
  • iPad Air 2

特に注目するべき新しい機能をピックアップ

Scribble

iPadOS 14では、手書き文字を即座にテキスト化してくれる新機能「スクリブル」が登場。手書き文字のテキスト変換はデバイス上で行われ、サーバーとの通信は発生しない。

Smart Selection」により、デバイス上での機械学習機能で手書きの文字と描画を区別。手書きの文字を簡単に選択し、タイプしたテキストとして別の書類にカット&ぺーストが可能。
Scribble
手書き入力した文字がテキストとして変換され貼り付け

また図形認識をサポートし、幾何学的に正確な図形の描画が可能。メモに有用な図表やイラストを追加する際に、正しい位置に配置する。

データ検出は、手書き文字の電話番号、日付、住所を認識する。手書きした番号をタップして電話をかけたり、カレンダーにイベントを直接追加したり、マップ上に位置を表示できる。

初期リリースでは日本語に対応せず、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、そして中国語と英語の混合がサポートされている。


Safariのアドレスバーも認識してくれる

ユニバーサル検索

iPadOS 14では、検索機能が根本的に再設計。アプリの検索と起動、連絡先、ファイル、情報へのアクセス、人々や場所に関する一般的な質問への回答が得られる検索ボックスとして改良された。

またUIもコンパクトなデザインに刷新。使用中のアプリケーションから離れることなくどこからでも検索できる。

Apple ipados14 universalsearch sprngboard 062220

Apple WWDC20 Keynote 1104
検索画面はどの画面からでも表示できる

Apple WWDC20 Keynote 1096
様々な質問の回答も得られる

Apple WWDC20 Keynote 1092
連絡先の検索

Apple WWDC20 Keynote 1097
ウェブ検索も可能

サイドバー

iPadOS 14では、再設計されたサイドバーが用意されている。写真、ファイル、メモ、カレンダー、Apple Musicなどの多くのアプリでナビゲーションを一か所にまとめ、コンテンツを前面に表示したまま、アプリ内を移動しやすくなった。

Apple ipados14 appdesign photos 062220
写真アプリのサイドバー

Siri

iPadOS 14では、Siriを起動すると画面右下に表示されるようになった。

Apple ipados14 siri compactui 062220
新しいSiriのUI

関連情報
カテゴリiPadOS 14
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 14」新着記事
トレンド検索