「iOS 11」の注目するべき新機能・変更点まとめ【iPhone編】

iOS 11正式発表

iOS 11」が正式にリリースされた。iPhoneを買い換えなくても「iOS 10」から「iOS 11」に変わるだけで操作性が大きく変わるため、まるで新しいiPhoneを買ったような感覚が味わえる。

とはいえ、やはり最新のiOSバージョンは最新機種のハードウェアを意識する傾向にある。正確にはソフトウェアのためのハードウェアが開発されるため、そのソフトウェアを最も活かすことができるのは「iPhone X」ということになり、これまで慣れ親しんだデザインや操作方法が一部変更になっている。

例えば、ロック画面と通知センターの一体化や、コントロールセンターは大きく変わった。スクリーンショットもマークアップが容易になり、App Storeがもはや別アプリのような存在になってしまった。

待望の画面録画機能も用意され、「最新機種だと指が届かなくて文字が打ちづらい」という人のためには片手キーボードUIが追加された。

本記事ではiPhone向けの「iOS 11」の新機能や変更点をまとめたので、参考にどうぞ!

ロック画面が通知センターと一体化→「カバーシート」

まずはiPhoneを開くと表示されるロック画面と通知センターがまさかの一体化した。

これまでは、ロックの画面上部から下方向にスワイプすれば最新の通知を確認することができたが、「iOS 11」からは画面中央を上方向にスワイプする

ホーム画面で通知センターを開くとロック画面と一体化した関係で時計も表示される仕様に。なお、このロック画面と通知センターが一体化した新しい機能を「カバーシート」と呼んでいる

コントロールセンターのUIが刷新、カスタマイズ可能に

コントロールセンターのデザインが刷新され、「iOS 10」のコントロールセンターとは全く異なるUIに。「設定」アプリの「コントロールセンター」から表示する内容も自由に変更することができ、「3D Touch」を活かして各コントロールボタンを拡張することが可能に。

iOS 11 の新機能まとめ

例えば下記は「ミュージック」アプリを「3D Touch」した状態。再生バーと音量、出力先、アートワーク、再生しているスピーカーが表示される。

iOS 11 の新機能まとめ

Wi-Fi、Bluetooth、機内モード、モバイルデータ通信のオン・オフの領域を「3D Touch」すると追加でAirDropやテザリング(インターネット共有)の項目が表示される。

iOS 11 の新機能まとめ

iPhone単体で画面録画が可能に

「iOS 11」からはiPhone単体で画面録画をすることが可能になった。コントロールセンターで「画面収録」を追加するだけで、いつでもどこでもコントロールセンターを起動すれば画面録画が可能に。

3秒のカウントダウンが始まるので、コントロールセンターを閉じ、画面上部が赤く点灯すれば録画開始!実際に試した様子が下記。

上記で録画した画面収録のGIFバージョンは下記。

YouTubeにアップしたのがこちら。

片手キーボードが利用可能に(左右に寄せられるように)

5.5インチモデルを使っている人に朗報だ。ついに純正のキーボードで片方に寄せることができるようになった!

iOS 11 の新機能まとめ

左右に寄せてみた結果がこちら。めちゃくちゃ使いやすいし、打ちやすい。同時にキーボードそのもののデザインも変更され、各キーが独立したUIに。操作性に特に変わりはない。

運転中の通知を停止

運転中の通知を停止することができる機能が追加された。

iOS 11 の新機能まとめ

これは予めコントロールセンターに登録しておき、運転する直前に有効化して利用する。オンになっていると運転中であることを自動的に察知し、電話やメッセージなどの通知を受信しないようにすることができる、という機能。また、iPhoneをロック解除しようとすると「運転中ではありません」をタップしなければホーム画面が表示されない仕様に。

Do not disturb while driving 01

ドライバーの皆さんは安全のために活用しましょう!

スクリーンショット撮影直後に落書き可能に

スクリーンショットが新しくなった。撮影すると、左下に直前に撮影したスクショのサムネイルが表示され、それをタップするとその場で落書きすることができる。

連続で撮影したとしても左下に次々と追加されるだけ。スクリーンショットのサムネイルはスクリーンショットに入らないので安心して連写することができる。

不要な場合はスワイプで非表示にすることができる。

「メッセージ」アプリのUI刷新、新しいエフェクト追加

「メッセージ」アプリの新しい全画面エフェクトとして「エコー」と「スポットライト」が追加された。良い感じ鬱陶しいので使う機会があれば是非お試しあれ!

UIも一部変更され、Appパネルが下に移動。左右のスワイプでステッカーや絵文字、ゲームなどを共有できる。僕はSpotifyや「Apple Music」の共有を試してみたが、メッセージ内で試聴できるわけでもなく、単にリンクを送りつけるだけなので、それほど便利だとは感じなかった。

「App Store」が大幅刷新!あらゆるものが変わった

「App Store」は劇的に変わった。もう今までのApp Storeとは全く異なる存在になり、よりニュース性の高い、メディアのような位置付けになった。

Todayタブでは「アプリケーションの世界で今起きていることを正確に把握しておけるようになる」とのこと。
IOS 11 New Features 01

「ゲーム」アプリはiPhoneの中でも高い需要があるため、他のアプリと独立したタブを用意。熟練のゲーマーによるキュレーションもある。
IOS 11 App Store 01

「App」タブはゲーム以外のアプリを確認することができる。
IOS 11 App Store 02

「ファイル」アプリが登場、複数サービスを横断

iPhoneよりもiPadで活用する機会の方が多いかもしれないが、新しい「ファイル」アプリが登場した。

要は「iCloud Drive」をよりパワーアップさせたようなアプリなのだが、大きな違いはiCloud以外にもサードパーティクラウドストレージサービスを追加することができる、という点。

例えば、僕はDropboxを愛用しているのだが、「ファイル」からはDropboxもアクセスすることができる。

まだまだある「iOS 11」の便利機能・新機能・変更点

他にも『地味に便利になった「iOS 11」の新機能・変更点まとめ』『細かすぎて見落としそうな「iOS 11」の新機能・変更点まとめ』『「iOS 11」の注目するべき新機能・変更点まとめ【iPad編】』など沢山あるので、併せてどうぞ!

もっともっと細かい情報が欲しい人は、過去に紹介した細かすぎる新機能や変更点のまとめもどうぞ!

もっと読むiOS 11まとめ
あわせて読みたい