iOS 11.4.1:USB制限モードを追加ーー機能の解説と設定方法

IOS11 4 1 usb restriction mode settings 01

iOS 11.4.1」には、iPhoneがロックされてから1時間以上経った場合、USBアクセサリを利用したデータ通信が利用できなくなるセキュリティ機能が追加されている。

USBアクセサリを利用してデータ通信をしたい場合、iPhoneのロックを解除する必要がある仕組みになっている。

設定 > Face ID/Touch IDとパスコード > USBアクセサリ

これは、「設定」アプリの「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」の中に含まれ、「ロック中にアクセスを許可」という設定項目群の一番下に追加されている。

デフォルトでは有効化されている模様。いつでもUSB経由でデータ通信を行いたい場合は「USBアクセサリ」を無効化しても良いが、基本的にはAppleの推奨するセキュリティ機能となっているため、Appleの指定通りのままにしておくことが良さそう。

このUSB制限モードはロックされたiPhoneにアクセスしようとするFBIや政府機関などからiPhoneを守るための対策として導入されたと見られ、iPhoneのロックを無理やり解除するGrayshift社の「GrayKey」などからデータを抜き取られることを阻止することが可能になる。

もっと読むiOS 11まとめ