「iOS 7.1.1」でSiriをロックスクリーンから利用できないようにする方法

Siri

デフォルトの設定ではiPhoneのホームボタンを長押しすると勝手にSiriが起動してしまう。ハッキリ言ってこれは鬱陶しい。鬱陶しいどころか、「iOS 7.1.1」ではこれを利用してパスコードロックが掛かっていたとしてもロック画面から全ての連絡先にアクセスできる脆弱性も発覚している。困ったものだ。

記事内でも簡単に設定する方法を紹介したが、改めてiOS 7.1.1」でSiriをロックスクリーンから利用できないようにする方法を解説しておく!

設定で無効にしておけばロック画面で勝手にSiriが起動しない!

設定方法は至って簡単。設定アプリを開き、「Touch IDとパスコード」をタップ!
How to turn siri off

下にスクロールすると「ロック中にアクセスを許可」という項目の1番上に「Siri」という項目が用意されているので、ここを無効にすれば完了!
How to turn siri off

これでロック画面からSiriが起動することはなくなる!脆弱性のことも踏まえ、気になる人は無効にしておくべし!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索