iOS 12:3D Touch非対応のiPhoneでもトラックパッド機能が利用可能に

Ios 12 spacebar trackpad mode

画面を強く押し込むことができる「3D Touch」と呼ばれる機能に対応しているiPhoneであれば、キーボードを強く押し込むとキーボード部分がトラックパッドのようになり、カーソルをドラッグ・アンド・ドロップで移動することができる機能が存在していることを知っているだろうか。

地味すぎて気付かない「iOS 12」の隠れた新機能・変更点をまとめた記事でも紹介したが、「iOS 12」では「3D Touch」によるカーソルの移動は「3D Touch」非対応デバイスでも利用可能になった。スペースバーを押してドラッグすることによって「iPhone SE」や「iPhone 5」でもカーソルを移動することができる。

iPadでも2本指を使わずに1本指で利用可能に

スペースバーを押してドラッグ、と聞くと普通にスペースバーを押した時の動作が気になるかもしれないが、ある程度推し続ける必要があるため、誤作動の心配はなさそう。Cult of Macによると、「3D Touch」を利用した起動方法との時間差はほぼ同じだという。

iPadは「3D Touch」に対応せず、2本指を使ってトラックパッド機能を利用することができるが、「iOS 12」からはiPhone同様に1本指で操作することができる。2本指による操作に特に不満は無いが、1本指の方が操作しやすそうな気も!

一部噂では6.1インチ型液晶ディスプレイ搭載の新型iPhone「3D Touch」非対応になると噂されている。「iOS 12」に従来は「3D Touch」を必要とする機能が使わずに利用できる機能があることから、次期iPhoneの一部モデルで廃止されることは不思議ではない。

もっと読むiOS 12まとめ