iOS/iPadOS 15.2やwatchOS 8.3などのBeta 1、開発者向けに配信開始

アプリプライバシーレポートが有効化、緊急SOSの有効化方法が追加

Daniel korpai wWZ57knMQY8 unsplash

Appleは10月28日、iOS 15.2 beta」「iPadOS 15.2 beta」「watchOS 8.3 beta」「Xcode 13.2 beta」を開発者向けに配信開始した。watchOS 8は、「8.1」から「8.3」にアップデート。「8.2」がスキップされている。

iOS 15.2 Beta 1では、アプリプライバシーレポートが有効化。過去7日間で各アプリが位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先に何回アクセスしたかを確認できる機能だ。緊急SOS機能を有効化する方法として、サイドボタンと音量ボタンを押し続ける方法が加わった。従来のサイドボタン連打で有効化する。通知サマリーの表示も改良されている。

今回配布された各OSのビルドナンバーは下記のとおり。

  • iOS 15.2 beta (19C5026i)
  • iPadOS 15.2 beta (19C5026i)
  • watchOS 8.3 beta (19S5026e)
  • Xcode 13.2 beta (13C5066c)
関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索