iOS/iPadOS 16.1 Public Beta 5が配信開始

10月24日の週に正式リリースされると見られている

2022 ios ipados macos watchos tvos homepod pb

Appleは10月12日、iOS 16.1 Public beta 5」「iPadOS 16.1 Public Beta 5」をパブリックベータプログラム登録者向けに配信開始した。10月24日の週に正式リリースされると見られる。

iOS 16.1のバッテリー残量パーセント表示全機種で利用可能になり、バッテリーアイコンの表示が電池残量と連動する仕様になった。

iPadOS 16.1では、当初M1チップモデルに制限されていたマルチタスク機能「ステージマネージャ」の対応モデルを拡大。A12X BionicチップまたはA12Z Bionicチップを搭載したiPad Proの第3世代・第4世代モデルも利用可能になった。代わりに外部ディスプレイの対応はiPadOS 16.1のリリースには間に合わず、年内リリースに延期された。

度々話題に上がっていた旧AirPods製品で利用可能になっていた適用型環境音除去は、最新アップデートで表示されなくなっている。

Public Betaとは

Public Betaは、パブリックベータプログラムに登録している人であれば誰でも無料でインストールし、正式リリース前の最新OSを試すことができる。ただし提供目的は正式リリースまでに、1人でも多くのユーザーからのフィードバックにより、完成度を高めること。不具合を発見した場合は、パブリックベータ版インストールと同時に追加される「Feedback」アプリから指摘しよう。

Public Betaインストールの注意点

またパブリックベータ版は、既存の機能が利用できなくなるリスクもある。動作が安定した状態で一般公開されるまで、待つことをおすすめする。

プライベートや仕事用端末にパブリックベータ版をインストールした結果、仮に動作不良が起きたとしても、完全に自己責任だ。自分の意志でインストールすることになるため、不具合が起きてもAppleのサポートは受けることができない。自分で対処できる自信がないのであれば、インストールするべきではない

試したい場合は、テスト用端末やサブ機など、動作が不安定になったとしても本来の使用目的に支障をきたさないデバイスを選ぼう。

Public Betaをインストールする手順

各OSの新機能・対応機種・最新情報まとめ

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索