【iOS 8】「写真」アプリで特定の写真を非表示にする方法

Hide photos from Photos app

この写真は見られたくない…けど消したくない。そんなちょっとアレな写真がiPhoneに入っている男性諸君。「iOS 8」にはなんと指定した写真を非表示にする機能が用意されているのだ!

「これでグフフな写真や画像も保存したい放題だ!」と喜ぶのは少々早い。実は、完全に非表示になるわけではないので、注意が必要だ。冒頭のスクリーンショットにある通り、モーメント・コレクション・年別からは非表示になるものの、アルバムにはこれまでどおり表示されてしまうのだ。

とは言え、何もしないよりはマシ。消せないのであればその手の写真は表示される場所が少ない方が安全だと思うので、「写真」アプリで特定の写真を非表示にする方法を紹介する!

非表示にしたい写真を長押し

写真を非表示にするのは簡単だ。「写真」アプリを開き、非表示にしたい写真を長押しすると「非表示」という項目が表示される。
Hide photos from Photos app

タップすると下から「非表示にする」と「キャンセル」を選ぶ画面が表示されるので、非表示にしたい場合はそちらをタップ。冒頭でも書いた通り、モーメント・コレクション・年別からは非表示になるものの、アルバムにはこれまでどおり表示されてしまうので注意が必要。
Hide photos from Photos app

アルバムのどこに表示されるかと言うと、「非表示」というアルバムが作成され、この中に非表示にした写真がまとめられる。
Hide photos from Photos app

復元する場合は再度表示したい写真を長押しし、「再表示」をタップすれば非表示にする前と同じ状態になる。
Hide photos from Photos app

便利といえば便利だが、秘密の写真を保管しておくにはまだリスクがありそう。どうしても見られたくない写真がある場合は…そもそもiPhoneに入れないのが最も安全だろう。

iOS 8」を使いこなすTipsをチェック!