当メディアのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

Appleの「異常なまでのこだわり」が感じられるApple Pencil Proの新機能が話題

使う上で必要のない機能にまでも徹底的にこだわる「Appleらしさ」を感じられる機能

異常なこだわり

AppleのApple Pencil Proに対するこだわりが異常だと話題になっている。Apple Pencil ProiPad Proにかざした際に、持っている角度をリアルタイムで反映する擬似的な影が画面上に描写されるという。縦方向の影だけではなく、本体が回転した際にも影がリアルタイムで反映される。

記事公開当初は鉛筆としてのリアリティを追求するためであり「なくても良い機能」と書いていたが、本記事のコメント欄にもあるとおり、絵描きにとっては「アナログの鉛筆やペンで絵を描く際も、ペン先がどのような状態なのかを常に把握していないと思い通りに絵を描くことはできない」という。

よってAppleは単にリアリティを追求したのではなく、絵描きにとって理想的な体験を追求したことで実装した機能と言えるだろう。「描く」ことを徹底的に追求したAppleの姿勢が感じられる機能だ。

Apple Pencil Proは探すネットワークに対応し、強く握る「スクイーズ」機能、ジャイロスコープ搭載による「バレルロール」機能、Haptic Engine搭載による触覚フィードバック対応などが特徴だ。価格はApple Pencil(第2世代)と差がほとんどなく、21,800円で購入できる。

Apple Pencil Pro
Apple Pencil Pro

Apple(アップル)
価格:21,800円(掲載時)

もっと読む

関連キーワード
公開情報
更新日2024年05月18日
執筆者g.O.R.i
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. 通りすがりの読者(コメントID:704213)

    元コメントしたものです。わざわざ修正していただいてありがとうございます!
    説明が下手ですみませんが、太いマジックペン(ペン先が円錐でなく、マッキーのような形状のもの)を使う時をイメージすると分かりやすいかもしれません。ペン先の向き次第で太い線も細い線もひけますよね。
    アナログだとペン先の向きは視認できますが、Apple Pencilだと描いてみるまで判断できないので、それを補完する機能なのかな、と想像しています。
    ニッチな話になってしまいすみません。
    MacだけでなくiPadの情報も発信してくださり、いつも感謝しています!

  2. g.O.R.i(コメントID:704212)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:704211)
    私はiPad Proで絵の仕事をしていますが、ペン先の状態を示すこのような機能は必要だと思います。 アナログの鉛筆やペンで絵を描く際も、ペン先がどのような状態なのかを常に把握していないと思い通りに絵を描くことはできません。 この機能が使いやすいかは使用してみないとわかりませんが、 「使う上で必要のない機能」 「本来であればなくても良い機能」 と断定されてしまうのはiPadで絵を描くユーザーが軽視されているようで、ゴリミーファンの絵描きにとっては少し寂しいですね。

    えっなるほどこれはむしろ必要のない機能じゃなくて、使う人にとっては必要な機能であり作業がし易くなる機能なんですね!これは大変失礼しました。いただいた意見をもとに文章をちょっと改善してまいります!ご指摘いただき、ありがとうございました!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:704211)

    私はiPad Proで絵の仕事をしていますが、ペン先の状態を示すこのような機能は必要だと思います。
    アナログの鉛筆やペンで絵を描く際も、ペン先がどのような状態なのかを常に把握していないと思い通りに絵を描くことはできません。
    この機能が使いやすいかは使用してみないとわかりませんが、
    「使う上で必要のない機能」
    「本来であればなくても良い機能」
    と断定されてしまうのはiPadで絵を描くユーザーが軽視されているようで、ゴリミーファンの絵描きにとっては少し寂しいですね。

「Apple Pencil」新着記事
トレンド検索