【レビュー】「Apple Pencil」は素人も楽しめるデジタル鉛筆!楽しい!

Apple Pencilの素人レビュー

iPad Pro」の登場で最も注目されているのは言うまでもなく「Apple Pencil」だろう。数日前、カバーと物理キーボードを兼ねる「Smart Keyboard」と共に手元に到着した。

僕はまるで絵が描けない。それでも「Apple Pencil」を購入したのはデジタルスケッチブックとして使うことができるのではないかという思いがあったから。手書きメモを取りたい時、ちょっとしたアイディアを書き出したい時、キーボードとマウスでは自由に脳内をアウトプットできない。次世代メモ帳として活用したいと思っていたからだ。

実際に絵を描くことができる人の感想は後日紹介するが、その前に素人なりに「Apple Pencil」を使ってみた感想や成果物、対応アプリなどについて紹介しておく!

Apple公式サイトで「iPad Pro」「Apple Pencil」「Smart Keyboard」をチェック!

本物の鉛筆以上にシンプル!無駄のないデザイン

「Apple Pencil」の外観をチェック

「Apple Pencil」はとにかくシンプルだ。パッケージはいつも通りのデザイン。「Apple Watch」と同じく、「Apple Pencil」ではなく「(Appleロゴ)Pencil」が正式表記らしい。
Apple Pencilの素人レビュー

パッケージの中には本体と取扱説明書、そしてLightningアダプタと替えの先端部分が同梱されている。Lightningアダプタは、Lightning端子を持つ「Apple Pencil」をLightningケーブルで直接充電したいという人のためにある。
Apple Pencilの素人レビュー

Lightningアダプタを使ってみたところ。「iPad Pro」のLightningポートに挿したままにしておくことに抵抗がある人に対する配慮だろうか。
Apple Pencilの素人レビュー

このような充電の仕方を想定しているかと思われる。
Apple Pencilの素人レビュー

これが「Apple Pencil」だ。白基調のシンプルで無駄のないデザイン。鉛筆を謳う割には凹凸がなく、転がるとどこまでも転がり続けるというデザインになっている。
Apple Pencilの素人レビュー

先端部分にある銀のメッキには「Apple Pencil」と刻印されている。ちなみに「Apple Pencil」は静止するとこのロゴが必ず上を向くように設計されているとのこと。いかにもAppleらしいギミックだ。
Apple Pencilの素人レビュー

キャップ部分はマグネット式の蓋になっている。割としっかりしている上に「カチッ」とハマるようになっているので、キャップだけ失くすということはあまり無さそうだ。失くすとしたら、クリップも何もない「Apple Pencil」そのものを失くす可能性の方が高そう。
Apple Pencilの素人レビュー

先端はこのようになっている。本体と色が異なる先端部分は使い続けると消耗することから替えが同梱されているのだろうか。プラスチックでもなくゴムでもない素材が使われている。画面に先端を当てると硬い音がする。
Apple Pencilの素人レビュー

「Apple Pencil」を「iPad Pro」とペアリング

「Apple Pencil」を「iPad Pro」とペアリングする作業はあってないようなものだ。マグネット式のキャップを外し、Lightning端子を「iPad Pro」の差し込む。この時も「Apple Pencil」は充電されている。「15秒間で30分使える」という謳い文句は果たして本当なのか、機会があったら試してみたい。
Apple Pencilの素人レビュー

「Apple Pencil」を「iPad Pro」に挿し込むと、まずはBluetoothをオンにするよう、通知される。
Apple Pencilの素人レビュー

その後、「Bluetoothペアリングの要求」という画面が表示されるので「ペアリング」をタップすると一瞬にしてペアリング完了。早すぎるし、便利すぎる。
Apple Pencilの素人レビュー

「Apple Pencil」を持ってみた

ペアリングされたということで、「Apple Pencil」を握ってみた。思ったよりも重い。伝わるかどうか分からないが、人生で初めてドクターグリップを握った時に味わった重さに似ている。ずっしりと来るが、重くて疲れる程ではない。一般的な鉛筆よりは重いが、程良い重さだ。
Apple Pencilの素人レビュー

ところでペンや鉛筆を持ったら回してみたくなる。という訳で、物凄く久しぶりにペン回しをしてみた。重心の位置が変なのか、単に僕が久しぶりすぎて指先の器用さが衰えていたのかは分からないが、物凄く回しづらかった。

「Apple Pencil」の電池残量を確認する方法

ところで、「Apple Pencil」にはボタンもディスプレイもない。では、どうやって電池残量を知ることができるのか。

Apple Pencil Battery

実は「Apple Pencil」のバッテリー状況は通知センターに「バッテリー」ウィジェット内から確認することができる。

「Apple Pencil」を使って描いてみたサンプル

では、実際に「Apple Pencil」を使ってどのようなことができるのか。

対応アプリであれば絵を描くために使うことができるが、スタイラスペンのように指先で操作する代わりに使うこともできる。ただ、タッチポイントが比較的鋭く硬いので画面に触れる度にカツカツ音を立てて使うことになる。ディスプレイに指紋を付けたくない、という人は「Apple Pencil」を使って操作するのも良いかもしれない。

そして気になる絵描き道具としての使い勝手だが、素人が思いついたままに「Apple Pencil」を使って描いた絵を紹介する!
Apple Pencil And iPad Pro

厳密には彼女にベースを描いてもらい僕が色を塗ったのだが、これが思いの外楽しかった。

タイムラグが少なく、まるで筆先にインクがあるような描き心地だ。筆圧に応じて太さが変わることはもちろんのこと、純正メモアプリで「鉛筆」ツールを選んだ時、傾けて色を塗ると鉛筆ならではの芯の幅で薄く塗ることができることに感動した。背景は鉛筆を傾けて塗っている。

さらに驚いたのは手首を画面の上にしっかりと載せていても全く反応しないということ。あくまでも筆先にしか反応せず、実世界でペンや鉛筆を使って何かを描いている時と同じ感覚で描くことができる。これは思っていたよりも凄かった。もっと堪能できるようになるために画力が欲しい。

上記の画像だけでは「Apple Pencil」のポテンシャルが見出だせない人も多数いるかと思うので、参考としてプロレベルのイラストが描けるしょこたんこと中川翔子さんによる作品、そして「ツマヌダ格闘街」の作者である漫画家の上山道郎さんによる作品を載せておく。

上手すぎる。アーティストが描くとこのような作品をiPad上で描き上げることができるらしい。

ちなみに中川さんは既にキャップを失くしてしまったそうだ。あらら……。

YouTuberの瀬戸弘司さんも「Apple Pencil」をレビューしていたので、載せておく。瀬戸さんが描いたという絵が紹介されている他、先ほど僕が熱く語った鉛筆を傾けて塗ることができる機能も取り上げている(15:00あたり)ので参考にどうぞ!

「Apple Pencil」は使うのが楽しい “デジタル鉛筆”

Apple Pencilの素人レビュー

「Apple Pencil」は “とりあえず” 買おうと思って買ったものの、実際に使ってみてからは「買って良かったかもしれない」と思っている。前評判通り性能は素晴らしく、「今まで使ったスタイラスペンの中で最も良くできている」と評価されていることも納得だ。

むしろ、「Apple Pencil」の出来が想像以上に良かったので「iPad Pro」を買って良かったかもしれないと思えるほどには気に入っている。それぐらい感動したのだ。

絵がまともに描けない僕は「iPad Pro」と「Apple Pencil」を活用してブログのデザイン構想を練るために活用することになりそうな予感。これまではノートや裏紙を使って脳内を整理していたが、これからは全てデジタル化することができそうだ。

そして、文字を打つ必要がある時はケースとして使っている「Smart Keyboard」を使えばいい。ソフトウェアキーボードを使うよりよっぽど早い。

コストパフォーマンスは別として、もしかして「iPad Pro」に存在意義を見出すことができたかも?!

Apple公式サイトで「iPad Pro」「Apple Pencil」「Smart Keyboard」をチェック!

「Apple Pencil」を買ったら試してみたいアプリ

今回、僕は純正のメモアプリで「Apple Pencil」を試したが、App Storeには他にも対応アプリが公開されているので、気になる人はチェックしてみるべし。より高度な機能が利用できるはず。

「iPad Pro」本体に関するレビューは下記記事を参考にどうぞ!

もっと読むApple Pencilまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読