「Apple Pencil」のキャップ、なくした場合は1,200円という衝撃価格

Apple-Pencil-Review-06.jpg

本物の鉛筆以上にシンプルかつ無駄のないデザインを持つ「Apple Pencil」を無くして語れない。

マグネット式の蓋になっているキャップ部分を取り外すとLightning端子が出現し、「iPad Pro」のLightningポートに差し込むことによって充電される。とてもスマートな仕組みだが、大きな欠点がある。

それは充電中にキャップ部分を無くしてしまう可能性があるということ。充電中にどこか見失ってしまい、既にキャップ無しで使っているという人がいても不思議ではない。

では万が一無くしてしまった場合はどうなるのか。Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると「Apple Pencil」のキャップ部分をなくした場合、「修理費用」として1,200円掛かることを明らかにしている!

Apple公式サイトで「iPad Pro」「Apple Pencil」「Smart Keyboard」をチェック!

キャップ単体の販売ば無し!保証期間内の破損は無料で交換可能

「Apple Pencil」のキャップは単体で販売されていない。よって、紛失した場合は「Apple Pencil」の交換または有償修理交換による対応になる。

修理対応ということはシリアル番号の確認が必要。保証期間内におけるキャップまたはペン先の破損の場合、無償で交換してくれるが、保証期間外または保証期間内だがキャップまたはペン先を紛失した場合それぞれ有償交換となる。

価格は以下の通り:

Apple Pencil」のペン先 700円(税別)
Apple Pencil」のキャップ 1,200円(税別)

もちろんLightning端子がむき出しだからと言って「Apple Pencil」が使えない訳ではない。ただ、ハッキリ言ってダサい。せっかくAppleが「鉛筆」をイメージして洗練されたデザインに仕上げたのにLightningポートがむき出しになっているだけでガジェット感が一気に増してしまう。

「Apple Pencil」を持っている人はくれぐれもキャップをなくさないよう、気をつけましょう。

▼「Apple Pencil」に関するレビュー記事はこちらからどうぞ!

【レビュー】「Apple Pencil」は素人も楽しめるデジタル鉛筆!楽しい!

【レビュー】友人イラストレーターに「iPad Pro」と「Apple Pencil」を試してもらった

▼「iPad Pro」に関するレビュー記事はこちらをどうぞ!

【レビュー】「iPad Pro」に見当たらない”Pro”感ーー魅力と欠点まとめ

【レビュー】「iPad Pro」を「iPad Air 2/ mini 2」の外観や表示と比較してみた結果、やっぱり大きすぎると思った

【レビュー】「iPad Pro」を手に取って一言「なんだこれ大きすぎる」


 新しいiPadはApple公式サイトから購入するべし!iPadを比較して好みのモデルをゲット!


(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)