「iPad mini 5」はLightningポートとTouch IDを搭載、Apple Pencil対応については不明

Ipad mini 4s 2

iPad mini 5」とされる筐体の写真

iPad mini」の次期モデルとして登場が期待されている「iPad mini 5」について、Macお宝鑑定団Blogが複数のアクセサリーメーカーからの情報として、「iPad mini 4」を踏襲するモデルになると伝えている。

サイズは203.2mm x 134.8mm x 6.1mmになり、プロセッサには「iPhone 7」や「iPad (第6世代)」と同じ「A10 Fusion」チップ、または10.5インチ型「iPad Pro」に搭載されている「A10X Fusion」チップを採用する見通し。

ヘッドホン端子も搭載、現行モデルのケースは利用できず

「iPad mini 4」の仕様を基本的に踏襲するため、生体認証は「Face ID」ではなく「Touch ID」を採用し、ポートもUSB-CではなくLightningのままヘッドホン端子も引き続き搭載されるとのこと。

注意点として「iPad mini 5」は「iPad mini 4」とマイク位置が異なるため、「iPad mini 4」用ケースは使用できなくなる可能性が高いとのこと。すでに「iPad mini 4」を持っているユーザーはもちろんのこと、メーカーも次期モデルに向けた対応が必要になりそうだ。

先日、「iPad mini 5」は「Apple Pencil」が利用できる可能性があるとSteve Troughton-Smith氏が指摘していたが、Macお宝鑑定団Blogは「使用できるかどうかは分かっていない」とのこと。

ただし、使えたとしても本体にマグネットで充電・ペアリングする「iPad Pro 2018」用の「Apple Pencil (第2世代)」ではなく、10.5インチモデルや9.7インチ型「iPad」が利用できる「Apple Pencil」になる可能性が高いと指摘している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索