「新しいiPad」の購入を一旦見送る、3つの理由

新しいipad
【img via Jan 27 12 ipad Carson 27/366 / Henriksent

先日、Appbankにこんな記事が上がっていた。

新しい iPad を「今は」買わないと決めた理由。 – AppBank

実は、僕も今回の「新しいiPad」の購入は「一旦」見送ろうと思っている。その理由をまとめておく!

iPad 2がかなり安くなっている

新しいiPadが出たため、iPad 2が安くなっている。新しいモデルが出て前モデルが値下げするのは当然だが、結構iPad 2も十分魅力的なので、心が揺れる。

以下に新しいiPadとiPad 2の価格をWi-Fiモデル、Wi-Fi + 3Gモデル別で比較してみた。それぞれ1万円ほど安くなっている。(参照:ソフトバンク

Wi-Fiモデル 16GB 32GB 64GB
新しいiPad 44,800円 52,800円 60,800円
iPad 2 34,800円 42,800円 50,800円
Wi-Fi + 3Gモデル 16GB 32GB 64GB
新しいiPad 56,640円 64,800円 72,720円
iPad 2 45,600円 53,760円 61,680円

重くなっている!

発表される前の噂でもあったが、やぱり前モデルより重くなってしまった。iPad 2は片手で持つには若干重く、長時間持つには結構しんどい。それがさらに50gほど重くなってしまった。カバンの中に放り込んでいても気にならないぐらい軽くなることを希望していた僕としては、結構致命的だった。

Wi-Fiモデル、Wi-Fi + 3Gモデル別で比較表は以下の通り。

モデル Wi-Fiモデル Wi-Fi + 3Gモデル
新しいiPad 652g 662g
iPad 2 601g 613g

Retinaディスプレイが活きるのはアプリが対応してから!

新しいiPadを買いたいと思える最大の理由は何と言っても美しすぎるRetina Display。1,024 × 768(132ppi)の解像度から2,048 × 1,536(264ppi)の解像度に上がるとなれば、それは誰もが魅力的に感じるはず。実際、どれだけキレイになるかというのはこちらの記事に書いてあるので参考にどうぞ。

ただ、このRetinaディスプレイを活かせるのはそのアプリが対応してくれないと意味がない!もちろん、ブラウザや写真を見る分にはRetinaディスプレイを思う存分に堪能することができるが、アプリ側が対応してくれるまで若干アプリが粗く見えてしまうだろう。

初代iPadを持っている人は買いかも!

既にMacBook Air 11in.は持っていないが、今も「MacBook Air 11in.を持っている僕のiPad 2の使い方」にあるような使い方をしているため、個人的にはiPad 2でも十分だと思っている。

ただ、逆に今は初代iPadを使っている、という人は買わない理由はない。初代モデルからは何かもがアップグレードされている。むしろ、今すぐ予約するべきだ!

とりあえず、僕は「一旦」見送ることにする。「一旦」ね。

あわせて読みたい