重さ10kgの”iPhoneケース”が登場し、世間をざわつかせる

10kg iphone case softbank npcj collaboration

重さ10kgのiPhoneケースが話題だ。いや、そもそもこれを「iPhoneケース」と呼んで良いのかさえ分からないが、ソフトバンクセレクションに登場したとおもいきや、10個限定だったということもあり、即完売。

アームカールの解説動画を見ながらアームカールができる

この写真を見ると単なるガチのボディビルダーがダンベルを持っているにしか見えないかもしれないが、手元をよく見てほしい。
10kg iphone case softbank npcj collaboration 1

なんと「iPhone X」が取り付けられているのだ。
10kg iphone case softbank npcj collaboration 2

しかもこのダンベル、ガチの鉄アレイ製10kgダンベル。解説動画を見ながら上腕二頭筋を鍛えることができるという、優れもの。優れもの?
10kg iphone case softbank npcj collaboration 3

モデルとして登場しているのは、以前、僕が撮影でお邪魔させて頂いた、「ミッドブレス初台」のヘッドパーソナルトレーナーを務める堺部元行さん。本人のブログでもコラボ商品について語っている。

まさしくガチのボディビルダーであり、現在54歳。54歳であることをしっかりと頭に叩き込んだ上で下記動画をご覧あれ。本物だ。とんでもない肉体だ。

再販の可能性はあるのか分からないが、再販したら個人的に買ってみたいと思う。次はベンチプレスしながら動画が見られるバーベル型iPhoneケースかな?

あわせて読みたい