【レビュー】「mophie wireless charging base」ーー最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応した充電パッド

Mophie wireless charging base 02

iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」は、「iOS 11.2」から最大7.5Wの高速ワイヤレス充電が利用可能になった。この恩恵を受けるためには、最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応しているワイヤレス充電器を用意する必要がある。

Apple公式サイトではこの仕様に対応しているのは「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」と「mophie wireless charging base」の2種類のみ。前者は在庫切れにつき入手できなかったため(記事執筆時点では在庫あり)、後者のmophie製ワイヤレス充電器を紹介する!

シンプルで無機質!ラバー素材のお陰でiPhoneも安定

「mophie wireless charging base」の気に入っているところは、そのシンプルさだ。充電状態を知らせるLEDライトは本体下部にあり、点灯色も白色なので目立たない。充電しているかどうかはiPhone本体を見ればいいので、わざわざLEDライトを控えめにしている点は個人的に好きだ。

デザインそのものもシンプルで、円形の充電パッドの中央にmophieのロゴがあるだけ。本体はラバー素材を使用しているため、グリップ感があり、iPhoneが滑り落ちる心配もない。ただし、素材の性質上、埃が付着しやすく、目立つ点は惜しい。

Mophie wireless charging base 01

付属している電源アダプタをコンセントに挿し、iPhoneを置くだけで充電が開始される。充電パッドに電源アダプタが一体化している点も、良い。

外観はさておき、肝心な充電スピードはどうなのか。最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応した充電パッドは、果たして本当に早いのだろうか。

「高速ワイヤレス充電」は「高速」ではなく、「普通」

今回は、「mophie wireless charging base」を利用して「iPhone X」に「AndMesh Basic Case」を付けた状態で1時間充電してみた。その結果、54%だった電池残量が89%になり、61分で35%回復したことが確認できた。

比較対象として今回用意したのは、同梱されているUSB電源アダプタ。同じく1時間で充電してみた結果、35%だった電池残量が76%になり、69分で41%回復したことが確認できた。

わずかに充電していた時間が異なるため、これを1分あたりに換算してみると、mophieが「0.57」、充電アダプタが「0.59」という結果に。

この結果だけでは「高速ワイヤレス充電はただのワイヤレス充電だった」という結論に着地しかねないが、実際に他の調査結果などを見ていると、これはあながち間違っていないようだ。5Wのワイヤレス充電に比べると、7.5Wは「高速」ではないにしても実用的な充電時間を実現しているようだ。

また、充電スピードは常に一定ではなく、経過とともに変化することが分かってい。このことから、0%から100%まで充電した場合は「高速ワイヤレス充電」の「高速」を体験できる可能性はあるが、iPhoneを0%にすること自体が日常生活にないため、今回は実験を見送ることにする。

よって、「mophie wireless charging base」の充電スピードに関しては、iPhoneに同梱されているUSB電源アダプタを利用した場合と変わらない、という結論に至っている。

限られた時間で早くワイヤレス充電したい人にオススメ

Mophie wireless charging base 03

では、「mophie wireless charging base」は買うべき製品ではないかというと、決してそのようなことはない。

そもそもワイヤレス充電は驚くほど便利だ。机の上に充電台があれば置くだけで充電され、必要な時に持ち上げれば使える。ケーブルを抜き差しする手間が無いだけで、恐ろしく便利だ。

我が家ではリビングに1台、僕の部屋に数台あるが、最も役に立っているのが意外とリビングにあるワイヤレス充電台だったりする。置いておけば充電されるという便利さは、ケーブルには無い。

「iPhoneを使わない時間」で手軽に、少しでも電池残量を回復させたいという人は高速ワイヤレス充電に対応している「mophie wireless charging base」がオススメ。

逆に、寝ている時や時間に余裕がある場合は高い7.5Wではなく、5Wモデルでも十分だろう。また、とにかく急いでいる人はそもそもワイヤレス充電に頼らず、「Apple USB-C電源アダプタ」(29Wモデル61Wモデル87Wモデル)を利用した急速充電を活用した方が良い。

購入は下記からどうぞ。Apple公式サイトから購入する場合はこちらAmazonから購入する場合はこちらからAmazonは転売屋が不当に価格を釣り上げて販売していることも多いため、気をつけましょう。

自分のライフスタイルにあった形でワイヤレス充電・高速ワイヤレス充電・電源ケーブルによる充電を選ぶべし!

あわせて読みたい