iPhone 4Sのベンチマーク公開!iPhone 4より68%高速に、グラフィックは7倍以上


【img via MacRumors

iPhone 4Sで実施されたGeekbenchベンチマークテストの詳細結果が公開されて、iPhone 4Sに関するシステム情報が明らかになった。昨日書いたポストでも紹介したが、iPhone 4と比べて確かに高速化されていることは間違いなさそうだ!


上記のシステム情報を見ると気になるのはCPUのクロック数が1GHzで動作していないことiPhone 4Sは800MHzで動作するように設計されていて、同じくA5チップを搭載するiPad 2を若干下回るベンチマークスコアとなっている。

iPhone 4Sとその他モデルのスコアを比較!

iPad 2、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GSのベンチマークスコアの比較表も公開されていた!iPad 2と同じA5チップを持っていながらiPhone 4Sの方が若干スコアが低いのは上記の通り。恐らく電池容量が少ない分、A5のクロック数を制限することによって電池消耗を抑えるのが目的だろう。

iPhone 4SのグラフィックはiPhone 4の7倍

iPhone 4SのグラフィックはiPhone 4の7倍以上高速化されたと発表されていたが、ベンチマークスコアでも発表された通りの結果が出ている。これもまたiPad 2には及ばない結果ではあるが、片手に持てるデバイスでこれだけのグラフィック性能があればまず困ることはないだろう。むしろ、一体これだけの描写力をどのように活かすのかサッパリ分からない。ゲーム以外でも活かされることに期待したい(僕はあまりゲームをしないため)。

すごいよ、iPhone 4S!!!

iOS 5正式リリースは本日の深夜。iPhone 4S発売まで残すところ2日。早くその両方を手にしたい!!!!

(via MacRumors

もっと読むiPhoneまとめ
あわせて読みたい