2005年に開発されたiPhoneのプロトタイプ写真が公開!5×7インチの巨大ディスプレイを搭載していた!

iPhone prototype

【img via AppleInsider

やはりSteve JobsはiPhoneに行き着く前にタブレット型デバイスを思い描いていたようだ!

Ars Technica2005年頃に開発された、後にiPhoneとなるプロトタイプの写真を公開していたので、紹介する!

iPhoneの原点はタブレット型デバイスだった!

Steve Jobsは生前、AllThingsDのカンファレンスにてiPhoneの前にタッチ操作が可能なタブレットについて考えていたとコメントしている。Appleは結局一旦タブレット型デバイスを見送り2007年に初代iPhoneを発表することになる。

見ての通り今のiPadやiPhoneからは想像できないほど不恰好でゴツゴツとしている。最初はOS Xが動作していたようだ。
iPhone prototype
【img via AppleInsider

プロトタイプにはクロック数200MHzから233MHzで動作するSamsungのARM A9チップが搭載されていたらしい。ちなみに初代iPhoneが発表された時は2倍の速度で動作するARM11チップを搭載していた。2年で性能が2倍になるなんて凄い…。
iPhone prototype
【img via AppleInsider

僕が日々当たり前のように使っているiPhoneやiPadが生まれた時はこんな状態だったと思うと、ここまで製品として美しいものに仕上げてくれた開発者の人たちに感謝したいね!Thank you!

(via AppleInsider

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索