動作する「Apple-1」、オークションで365,000ドル(約4,340万円)で落札

Working apple 1
先日、1976年にSteve Jobsが直々に売り払ったと言われている「Apple-1」がオークションサイト「Christie’s」に出品されていた。

ついにその「Apple-1」が落札されたようだ!当時の売値は600ドルだったが、今回の落札額はなんと365,000ドル。日本円に換算すると約4,340万円ということになる!


全世界で50台しかない動作する「Apple-1」のうちの1台

今回落札された「Apple-1」は初代オーナーであるCharles Ricketts氏の名に因んで「Ricketts Apple-1 Personal Computer」と名付けられている。Steve Jobs氏から直接譲り受けた証拠として、Ricketts氏が書いたとされるSteve Jobs氏の親のガレージで購入した旨が記されたメモが含まれているそうだ。

working apple 1
特筆すべきなのはまだこの「Apple-1」は動作する、ということ。動作する「Apple-1」は全世界で50台しかなく、そのうちの1台となれば極めて貴重だ。400,000ドル〜600,000ドルの間で落札されると予想されていたが、結果及ばず。動作するとは言え、日常業務に使用することは不可能であると考えられるが、それでも4,000万円を支払う人が世の中にいるのは本当に驚くしかない。勢い余ってそのお金を僕に下さい!

ちなみに、過去には905,000ドルで落札された「Apple-1」もあるようだ。いやはや…。

(via AppleInsider

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった