「iPhone 11」と「iOS 13」を組み合わせたコンセプトイメージ

IOS 13 dark mode home screen

「iOS 13」では待望のダークモードが用意されるという噂があるが、次期iPhoneことiPhone 11」と「iOS 13(いずれも仮称)を組み合わせたコンセプトイメージphoneArenaが公開している。

「ダークモード」によって消費電力を抑えることが期待

ダークモードは単純に見た目が格好良くなるだけではなく、有機ELディスプレイとを搭載するデバイスの省電力に貢献してくれる。

バックライトが必要な液晶ディスプレイとは異なり、有機ELディスプレイはピクセル自体が発光する仕組み。黒を表現するためにはそのエリアを発光しなければいいだけなので「ダークモード」によって消費電力を抑えることが期待される。

過去には「iOS 10」の「設定」アプリでダークモードの有効化に成功したとの報告もあったが「iOS 12」までは提供されず。ついに「iOS 13」で用意されることが期待される。

IOS 13 dark mode features

phoneArenaのコンセプトイメージはApp StoreやFacebookなどのアプリも黒ベースのUI担っていることを想像している。いくら電池持ちが良くなるとは言え、あらゆるものが真っ暗になるのはかえって見づらくなるような印象を受ける。

Appleは「macOS Mojave」でDockやメニューバーだけではなくFinderや対応アプリも黒ベースのUIになる「ダークモード」を提供開始した。Macでは「真っ黒」というよりは「黒に近いグレー」を使用していることから、「iOS 13」に「ダークモード」が用意された場合、これに近しい色合いになるのではないかと予想している。

その他の画像はこちらからどうぞ。過去に紹介したダークモードのコンセプトイメージは下記からどうぞ!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneコンセプトイメージ」新着記事
トレンド検索