「iPhone 5s」のベンチマークテスト結果が公開!iPhone 5と比べて約1.4倍〜2.2倍高速化していることが発覚!

iPhone 5s 各キャリア予約実施せず
iPhone 5s」はA7+M7チップ搭載で高速化されている。気になるのはiPhone 5と比べてどれぐらい高速化したか

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)に「iPhone 5s」ベンチマークレポートが公開されていたので、紹介する!

iPhone 5s」と旧モデルのベンチマークテスト結果

今回実施されたベンチマークテストの比較対象として利用された端末は以下の通り。いずれも「iOS 6」が動作する状態でテストされている。


以下に「Geekbench 1.3」「GFXBench」「SunSpider 1.0.1 JavaScript Benchmark」を使ったベンチマークテスト結果を載せておく!

「Geekbench 1.3」を使ったベンチマークテスト

iPhone 5s ベンチマークテスト 【img via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤))】

32bitで計測した場合、iPhone 5と比べてシングルコア・マルチコア共に約1.4倍高速化されていることが確認。64bitで計測した場合、シングルコアは約1.4倍、マルチコアは約1.5倍高速化されていた。

「GFXBench」を使ったベンチマークテスト

iPhone 5s ベンチマークテスト 【img via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤))】

GPU性能を測定する「GFXBench」を使った場合、iPhone 5と比べてオンスクリーンは約1.3倍、オフスクリーンは約1.8倍にも上ることが発覚した!

「SunSpider 1.0.1 JavaScript Benchmark」を使ったベンチマークテスト

iPhone 5s ベンチマークテスト 【img via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤))】

「SunSpider 1.0.1 JavaScript Benchmark」はSafariのJavascriptベンチマークを測定するベンチマークアプリ。結果、iPhone 5と比べて約2.2倍も高速化していることが分かった。ウェブアプリやサイトの表示はこれまでと比べて快適になるに違いない!

スペック厨には「iPhone 5s」で決まりだ!

それほどガツガツ使わないという人であれば「iPhone 5c」でも十分かもしれないが、僕のように肌身離さず常に持ち歩いてガツガツ使うような人は確実に「iPhone 5s」の方が良さそうだ。性能が大きく向上していることが改めて分かったので、早く実機を持って自分で試したい!より一層発売日に欲しくなってきたね!

「iPhone 5s」の「A7」の動作クロック数は最大1.3GHz、メモリ(RAM)は1GB! | gori.me

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!