【悲報】「iPad mini 3」、「iPad mini 2」と比較して15%も遅いことが判明

iPad mini 3
【img via Apple

iPad Air 2」は薄くなり軽くなり性能も向上している。良いこと尽くしのアップデート内容となったが、「iPad mini 3」はどうもパッとしない。実際のところ、旧モデルである「iPad mini 2」と変わったのは「Touch ID」を搭載し、ゴールドモデルが追加されただけ。

ただでさえ期待外れ感が否めない「iPad mini 3」だが、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が公開したベンチマークスコアを見て愕然とした。なんと、iPad mini 3」は「iPad mini 2」よりも15%も遅いことが判明した!

SafariのJavascriptベンチマークスコアも旧モデル以下

詳しいグラフや他のモデルとの比較は元記事で確認してもらえればと思うが、「Geekbench 3」を使用した「iPad mini 3」と「iPad mini 2」のベンチマークスコアを比較すると以下の通り。

シングルコア マルチコア
iPad mini 3 1251 2129
iPad mini 2 1374 2473

見ての通り、最新モデルの方が旧モデルよりも約15%遅いという、非常に残念な結果になっている。「iPad mini 3」のベンチマークスコア結果はこちらからどうぞ

さらに「SunSpider 1.0.2 JavaScript Benchmark」を利用したSafariのJavascript処理を測定するベンチマークツールの結果によると、「iPad mini 3」は「iPad mini 2」より約35%も遅いことが判明

「Touch ID」とゴールドモデルが追加されただけで、旧モデルよりも高く、性能は悪い。これは果たして買う意味はあるのか?!詳しいベンチマークスコアや比較などは元記事に書かれているので、以下からどうぞ!

 新しいiPadはApple公式サイトから購入するべし!iPadを比較して好みのモデルをゲット!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア