新型「iPad Air/mini」の「A12 Bionic」、「iPhone XR」と同じ仕様でRAMは3GBか

New iPad air and iPad mini with Apple Pencil 03182019

新型「iPad Air」および「iPad mini」には「A12 Bionic」チップが搭載されている。

このチップは「iPhone XS/XS Max」や「iPhone XR」と同じプロセッサー。「iPhone XS」の場合、ブラウザ向けベンチマークスコアが「iMac Pro」を上回っていることが明らかになっていた。

では新しいiPadシリーズはどうなのか。Geekbenchに投稿されたベンチマークスコアによると、新モデルの「A12 Bionic」は「iPhone XR」と同じ仕様であることが明らかになった!

iPad Pro 2018」には満たないが、十分ハイスペック

このベンチマークスコアを測定したデバイスである「iPad11,2」は「iPad Air」なのか「iPad mini」なのかは分かっていないが、搭載されているCPUの動作クロック数は2.49GHz、メモリは3GBとなっている。

Geekbench score

これは「iPhone XR」の仕様と完全に一致していることから、同じ仕様のものが搭載されていると考えられる。

シングルコアスコアは「4806」、マルチコアスコアは「11607」を記録。こちらも「iPhone XS/XR」と同等の結果であり、最新のiPhoneに匹敵するマシーンパワーを持ち合わせていると考えられる。

なお、「iPhone XS/XS Max」の「A12 Bionic」はメモリ(RAM)を4GB搭載している。「iPad Pro 2018」に搭載されている「A12X Bionic」は8コアCPU、7コアGPUであり、とにかくスペックを求める人は引き続き「iPad Pro」を狙った方が良さそうだ。

(via MacRumors

「iPad mini」新着記事
トレンド検索