新型「iPad Pro」に搭載されている「A12X Bionic」のベンチマークスコアが判明

IPad Pro edge to edge retina 10302018

新型「iPad Pro」に搭載されている「A12X Bionic」のCPUは8コア、GPUは7コア。前モデルの「A10X Fusion」と比較してシングルコア性能は35%、マルチコアスコアは90%も高速化していると言われているが、「iPhone XS/XR」シリーズに搭載されている「A12 Bionic」さえも上回るパフォーマンスだと言われている。

その実力はいかに。Geekbench Browserに投稿されたベンチマークスコアによると、シングルコアスコアは「5000」前後、マルチコアスコアは「18000」前後となっていて、「A12 Bionic」を”上回る”どころか”圧倒する”結果となっている。

やはりRAMが6GBと4GBのモデルが存在している模様

このベンチマークスコアの凄さを知るためには、他の端末と比較する必要がある。

以下が「iPhone XS/XS Max」のベンチマークスコア。シングルコアスコアが「4790/4774」、マルチコアスコアが「11029/11240」。

続いて「MacBook Pro 2018」と「MacBook Pro 2017」のベンチマークスコアを見てみよう。シングルコアスコアが「5333/5113」、マルチコアスコアが「16862/16356」となっている。

上記を踏まえた上で、新型「iPad Pro」に搭載されている「A12X Bionic」のベンチマークスコアがこちら。

Ipad pro geekbench scores

シングルコアスコアは「5020」、マルチコアスコアは「18217」。iPhone XS/XS Max」の約1.6倍、「MacBook Pro 2018/2017」に匹敵するスコアとなっている。

さらに、上記のスコアにある「Memory」の欄を見ると「5650MB」と書かれ、RAMが6GB搭載されていることを示唆。

上記の機種IDは「iPad 8,8」。一方、下記のベンチマークスコアは「iPad 8,3」となっていて、RAMは4GBとなっている。

Ipad pro geekbench scores 2

このことから、新型「iPad Pro」の機種IDは「iPad8,x」となっていて、RAMが6GBのモデルと4GBのモデルが存在していることを裏付けることになる。

新型「iPad Pro」の1TBモデルのみ、RAMを6GB搭載していると言われているが、確かにRAMが4GBのモデルと6GBのモデルが混在していることは間違いなさそうだ。


(via 気になる、記になる…

もっと読むiPad Proまとめ