iPad Pro(2020)のベンチマークが公開 A12Z BionicはA12X Bionicとほぼ同性能

すでにiPad Pro(2018)を所有している人は、パフォーマンス目的で買い換える意味がない

Geekbench+AppleDevice ipadpro2020

iPad Pro(2020)のベンチマーク計測結果が公開された。内蔵されている最新のプロセッサ「A12Z Bionic」は、iPad Pro(2018)に内蔵されている「A12X Bionic」と性能に大きな差はないようだ。

Geekbench Browserに公開されている「A12Z Bionic」のシングルコアスコアは「1118」、マルチコアスコアは「4695」だ。
Ipadpro2020 benchmarks
Geekbench Browserよりスクリーンショット

一方でiPad Pro(2018)に内蔵されている「A12X Bionic」のシングルコアスコアは「1110」、マルチコアスコアは「4569」となっている。
Ipadpro2018 benchmarks
Geekbench Browserよりスクリーンショット

Macお宝鑑定団Blogによると、「Geekbench 5 Compute」を使用した「A12Z Bionic」のGPU性能は「A12X Bionic」より10%高速化されている。「A12Z Bionic」のGPUコア数は、「A12X Bionic」から1個増え8コアになった。RAMが全モデル6GBになったことで、計測結果が伸びたと見られる。

これらの計測結果から、iPad Pro(2018)ユーザーは、iPad Pro(2020)に買い替えても体感できるほどのパフォーマンス向上は期待できない可能性が高い。

関連キーワード
カテゴリiPad Pro
コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. 通りすがりの読者

    Geekbench 5のスコアってGeekbenc4ときよりも低い数値で出ますよね

「iPad Pro」新着記事
トレンド検索