iPad Pro(2020)の先行レビューまとめ

超広角レンズとLiDARスキャナを加えた「2レンズ+1センサー」構成の最新カメラユニットが特徴

Ipad pro 2020 back and front

iPad Pro(2020)の先行レビューが国内外で解禁された。

iPad Pro(2020)の特徴は、「A12Z Bionic」チップの搭載と、超広角レンズとLiDARスキャナを加えた「2レンズ+1センサー」構成の最新カメラユニット。「A12Z Bionic」チップのパフォーマンスは前モデル(2019)から変わっていないが、ストレージ容量関係なくメモリ(RAM)は6GBに。複数アプリを行き来する際にリロードの頻度が減るなど、使い勝手が向上すると期待される。

11インチモデルは84,800円から、12.9インチモデルは104,800円から販売されている。

国内メディアのiPad Pro(2020)先行レビュー

海外メディアのiPad Pro(2020)先行レビュー






関連情報
カテゴリiPad Pro
タグ#LiDAR
更新日2020年04月07日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad Pro」新着記事
トレンド検索