「iPhone 6s/6s Plus」で撮影する4K動画のデータ容量は375MB/分

4K Video

16GBモデルを買うべきではない理由がまた1つ増えた!

iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」の1,200万画素iSightカメラでは4K動画の撮影が可能になったのだが、 Marques Brownlee氏が現地で撮影したハンズオン動画によると、4K動画を撮影した場合、1分間の撮影でなんと375MBものデータ容量になってしまうことが明らかになった!

カメラで写真や動画を撮る人は64GB以上にしましょう

どうやら「iPhone 6s」シリーズでは動画撮影時の画質やフレームレートを選択できるようになっているようだ。画面内にそれぞれの条件で撮影した際のデータ容量の目安が書かれていたので、まとめておく!

画質 フレームレート 容量
720p HD 30fps 60MB
1080p HD 30fps 130MB
1080p HD 60fps 200MB
4K 30fps 375MB

なんと720p HD画質で撮影した動画と比較すると、4K画質の動画は実に6倍以上のデータ容量になってしまうそうだ!さすが4K動画!さすがフルHDの4倍の画質!

4K動画だけで16GBの容量をフルに埋め尽くすことができれば最大42本撮影することができるが、OSの容量や他のアプリ、写真や音楽などの容量を考えると16GBはハッキリ言って使えない。新しいiPhoneでカメラをバリバリ使いたいと思っている人は少なくとも64GB以上を選びましょう。

Brownlee氏の「iPhone 6s」のハンズオン動画は下記からどうぞ!


(via 9To5Mac

もっと読むiPhone 6sまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読