「iPhone 7 (PRODUCT) RED」に黒フロントパネルを取り付けるとこうなる

Black screen with red iphone

(PRODUCT) RED Special Edition」のフロントパネルはホワイトだ。僕を含めて白いベゼルを残念に思う人は少なくないようで、黒ベゼルを想像したコンセプトイメージも公開されていた。

既に発売が開始されているレッドモデルだが、実機を入手し、実際にフロントパネルをブラックに取り替えた様子がYouTubeに公開されていたので、紹介する!

黒いフロントパネルの方が好みだが、白も悪くないかも

実際に本来の白いフロントパネルのままの実機と黒いフロントパネルに交換した実機を見比べた写真がこちら。僕はやっぱり黒ベゼルの方が好きだが、やはり赤の色合いと合わせるには白ベゼルのほうがバランスが良さそうに見える。
Black screen with red iphone comparison

下記動画では正常に動作する黒いフロントパネル付きの「iPhone 7 (PRODUCT) RED」にするために「iPhone 7」のブラックモデルを追加で購入し、そのフロントパネルと交換したという。手間暇が掛かっているだけではなく、膨大な費用も掛かっている。工具なども含めて単純計算20万円ぐらい……?

上記動画とは別に、実際に白いフロントパネルを取り外して黒いフロントパネルに取り替えている作業工程を紹介している動画もあったので、どうしても自分で差し替えたいという人は自己責任でこちらの動画を参考にどうぞ!

なお、ここまで手間暇かけてリスクも背負いながらフロントパネルをブラックに変えたくないという人には少々のお金でかいけつできるシンプルな方法がある。

それはwraplus for iPhone 7」「wraplus for iPhone 7 Plus」を購入するという方法。実は、僕が「MacBook Pro 2016」および12インチ型MacBookで愛用しているwarplusのスキンシールは「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」用が用意されているのだ!

表面と裏面がセットで販売されているが、表面のみを使用し取り付ければ実質黒いフロントパネル搭載の「iPhone 7 (PRODUCT) RED」になるはず!試してみたい人は購入してみるべし!


もっと読むiPhone 7まとめ
もっと読むiPhone 7 Plusまとめ
あわせて読みたい