「iPhone X/8/8 Plus」でリカバリーモードまたはDFUモードに入る方法

IPhone8 Recovery Mode

iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」では強制再起動する方法が従来モデルと異なる。ホームボタンを使わないことには変わりないが、音量ボタンとサイドボタン(旧・電源ボタン)を押す必要がある。

リセット方法に加えて、リカバリーモードおよびDFUモードに入る方法も異なる。本記事ではiPhone X」または「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」でリカバリーモードまたはDFUモードに入る方法を解説する!

「iPhone X」または「iPhone 8/8 Plus」でリカバリーモードに入る方法

How to Recovery Mode

リカバリーモードに入る方法は、強制再起動する方法とほとんど同じ。以下がその手順となっている。

  1. iPhoneをMacまたはPCとLightningケーブルで接続する
  2. 音量(大)ボタンを押してすぐ離す
  3. 音量(小)ボタンを押してすぐ離す
  4. サイドボタン(電源ボタン)を10秒ほど押し続ける

Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けても良いが、画面が暗くなった時点で指を離しても問題ない。

リカバリーモードに入ることに成功したかどうかを判断する方法は、以下の2つで分かる。

  • iTunesのロゴにLightningケーブルから矢印が向いている画面が表示されている
  • また、iPhoneを接続しているMacまたはPCでITunesを開くと「iPhoneリカバリーモード」と表示され、iPhoneのECIDの他、iPhoneのアップデートや復元を選択することが可能。
  • 以下、実際に動画で解説されているので参考にどうぞ!

    「iPhone X」または「iPhone 8/8 Plus」でDFUモードに入る方法

    How to DFU Mode

    DFUモードに入る方法は少し複雑だ。以下がその手順となっている。

    1. iPhoneをMacまたはPCとLightningケーブルで接続する
    2. 音量(大)ボタンを押してすぐ離す
    3. 音量(小)ボタンを押してすぐ離す
    4. サイドボタン(電源ボタン)を10秒ほど押し続ける
    5. 画面が黒くなったらサイドボタンを押し続けた状態で、音量(小)ボタンを5秒押し続ける
    6. サイドボタンを離すが、音量(小)ボタンはそのまま10秒押し続ける

    DFUモードに入ることに成功したかどうかを判断する方法は、以下の2つで分かる。

  • 音量(小)ボタンを離した時点で画面が真っ暗のままになっている。
  • また、iPhoneを接続しているMacまたはPCでiTunesを開くと「iPhoneを復元」しか選択できないようになっている
  • 以下、実際に動画で解説されているので参考にどうぞ!

    (via 9to5Mac

    もっと読むiPhone 8まとめ
    もっと読むiPhone 8 Plusまとめ
    あわせて読みたい