「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を強制的に再起動する方法

IPhone 7 Photo Review

予約日当日に仕事そっちのけで予約をキメた人は無事新品の「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を手に入れた人も多いだろう。

新型iPhoneはホームボタンが物理ボタンではなくなった。ソフトウェアで制御されるボタンとなっているため、電源が入っていない状態で操作しようとすると全く押すことができず、反応しない。

これで困るのは、万が一iPhoneの内部に問題が起きた時。iOSのエラーでiPhoneが固まってしまった場合、ホームボタンが動作しなければ強制的に本体を再起動する方法がない。一体どうすれば良いのか。

入手して早々に「iPhone 7」の動作が固まってしまったので、同様のトラブルに巻き込まれるかもしれない皆さんのために本記事では「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を強制的に再起動する方法を紹介する!

音量を下げるボタン + 電源ボタンの長押し

やり方は非常に簡単。従来はホームボタンと電源ボタンの長押しで強制的にiPhoneを再起動することができたが、ホームボタンがソフトウェア制御によるものに変わってしまった「iPhone 7」シリーズでは以下の方法で強制的に再起動することができる。

How to Reset iPhone

音量を下げるボタン + 電源ボタンの長押し

この再起動方法は多くのAndroidスマートフォンと同じ。万が一のときのために再起動する方法は覚えておきましょう。

また、強制再起動とは別に、問題が起きたiPhoneを復元するために使うことがある「DFUモード」に入る場合も同様にホームボタンの代わりに音量を下げるボタンを押す仕組みになっている。iMoreにそのやり方が解説してあったので、念のためにDFUモードの入り方を紹介しておく。

  1. 「iPhone 7/7 Plus」の電源を切った状態でをiTunesが起動したMac/PCに接続。
  2. 電源ボタンを3秒間押し続ける。
  3. 電源ボタンを押したまま、音量を下げるボタンを押す。
  4. 両方のボタンを10秒間押し続ける。(画面が消える瞬間がきっかけ。Appleロゴが表示された場合は失敗。2番からやり直し。)
  5. 電源ボタンを離し、音量を下げるボタンだけ5秒間押し続ける。(「iTunesに接続」画面が表示された場合は失敗。2番からやり直し。)
  6. iTunesにリストアするべきiPhoneが検知されたことが表示されていればDFUモード突入成功。

今後何かあった時のために参考にどうぞ!