一部の「iPhone X/8」でGPSに関する不具合が発生か

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

一部の「iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」において、GPSが正常に動作しない不具合が発生しているようだ。

これはAppleのサポートフォーラムで報告され、記事執筆時点では130件以上のコメントが寄せられている。

本来いる場所から徐々に離れていってしまうバグ

具体的な症状としては、地図アプリ上で本来いる場所から徐々に離れていってしまう、というもの。特に高速道路など、移動スピードが早い状況下では発生しやすい模様。

「位置情報サービス」のオン・オフ、および、iOSのインストールし直しなど、従来からGPSに関する不具合に有効であると言われていた対策も、今回の不具合には効果がないという。

これらの不具合を報告したユーザーに対し、Appleは端末の交換に応じているとのことだが、ソフトウェアの不具合なのか、端末交換後もGPSの動作は正常に戻らないという。

Apple内部の人物によると、iOS 11.1」および「iOS 11.2」のベータ版でGPSに関する不具合がいくつか修正されたと説明。一部のユーザーはそれぞれにアップデート後、状況が改善したとの声もある。

かくいう僕も、昨日、車のナビ代わりに「Googleマップ」を使っていたところ、日頃見ていた表示よりも随分とずれているような印象を受けたが、もしかしたらこの不具合に影響されていたのかもしれない。

Appleは本日、「iOS 11.1.1」をリリースしている。今回のアップデートでも密かに対応が行われているかもしれない。

(via AppleInsider

もっと読むiPhone 8まとめ
もっと読むiPhone 8 Plusまとめ
もっと読むiPhone Xまとめ
関連記事