macOS Big Sur 11.1/11.2、外部ディスプレイに関する不具合が報告

ウルトラワイドモニターで特定の疑似解像度が利用できない問題も未だに修正されていない

Ebuen clemente jr BIfb ZtytSM unsplash

macOS Big Sur 11.1および11.2をインストールした一部Macで、外部ディスプレイが正常に動作しない不具合MacRumors ForumsApple CommunityRedditで報告されている。IntelおよびM1どちらでも発生しているが、特に16インチ型MacBook Proユーザーが多い。

リフレッシュレートの制限、外部ディスプレイ認識されないとの報告も

確認されている症状は以下のとおり。

  • 外部ディスプレイが認識されない
    • 直接接続しても、ハブ経由でも不可
  • 4KディスプレイでHiDPI解像度が選択できない、フルHDに制限される
  • 4KディスプレイでHiDPI解像度を60Hzで利用できない、30Hzに制限される

原因は不明、解決方法は現時点でなし

記事執筆時点では解決方法はなく、SMCリセットNVRAMリセットクリーンインストールはいずれも効果が見られないという。開発者向けにリリースされた、macOS Big Sur 11.3のベータ版でも問題は改善されないそうだ。

なおAppleはウルトラワイドモニターで特定の疑似解像度が利用できない問題を将来的に配布するmacOSのアップデートで修正すると約束していたが、macOS Big Sur 11.2では修正されていない。手元のM1 MacBook Proは、外部ディスプレイの挙動が16インチ型MacBook Proに比べて不安定だが、OSの修正で改良される可能性がある。(16インチモデルはアップデートしていない)

AppleはmacOS Big Sur 11.3の開発に着手している。一般公開の時期は不明だが、修正されることを願う。

(Source: MacRumors

関連キーワード
公開情報
更新日2021年02月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOS Big Sur」新着記事
トレンド検索