富士通、携帯電話事業を投資ファンドに売却

Arrows Fujitsu Smartphone

富士通は1月31日、携帯電話事業を売却することを発表した

連結子会社である富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(FCNT)の株式、および富士通周辺機株式会社(FPE)の携帯端末事業を、2018年3月末を目途に投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに譲渡する。

富士通はジャパン・イーエム・ソリューションズ株式会社(JEMS)を新たに設立し、FPEの携帯端末事業をJEMSへ承継。シニア向けSNS「らくらくコミュニティ」はFCNTへ承継すると発表。

その上で、富士通はFCNTおよびJEMSの株式をポラリスに譲渡し、新体制となったFCNTおよびJEMSの株式をそれぞれ30%、19%ずつ保有するとのこと。

「arrows」や「らくらくスマートフォン」などのブランドは新会社に引き継がれ、販売は継続される。また、FPEは引き続き富士通の100%子会社として、プリンタの開発・製造および各種製造設備等のODMビジネスを行う。

(image via Norio.NAKAYAMA

あわせて読みたい