BALMUDA Phone、11月16日に発表へ

上下に極太ベゼルにも関わらず、まさかのパンチホールディスプレイ搭載か

Balmuda phone 11 16 debut

バルミューダが「BALMUDA Phone」を11月16日に披露すると発表した。

発表に合わせて前面の筐体写真を公開。iPhone 3GSのような曲線のあるデザインを採用しているようで、ディスプレイの上下には存在感のあるベゼルが確認できる。ベゼルにはスピーカーがあり、ディスプレイの右上にはポンチホールカメラがある。

ホーム画面はGoogle Chromeなどを含む10種類のアプリアイコンが並び、その上にGoogle検索ボックスが配置。一部アイコンは独自のものを採用しているようだ。

背面側が一部わかる写真は、今年8月にチラ見せ。カメラレンズやLEDフラッシュは本体に埋め込まれたデザインを採用し、背面中央にバルミューダのロゴが刻印されている。

BALMUDA Phoneは、新ブランド「BALMUDA Technologies」の商品第1弾商品として登場する。京セラを製造パートナーに迎え、「バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたい」としている。SIMフリーモデルの販売も計画しているが、取り扱うキャリアはソフトバンクの独占になる。

BALMUDA Phoneの流れ

公開情報
更新日2021年11月08日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:616795)

    確かにこのベゼルにパンチホールは絶句ものですけど新規メーカーがスマホに参入するのは大歓迎ですな
    やっぱり切磋琢磨してほしいし単純にワクワクします

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索