昨年の11インチiPad Proが1万円オフ タイムセール祭り関係なく安いだけ(ラッキー)

M1チップの性能、5G通信、超広角の内向きカメラが不要なら、2020年モデルでも十分

Ipad pro 2020 sale amazon

Amazonよりキャプチャ

5月23日からスタートしたAmazonの「タイムセール祭り」にはセール対象商品にApple製品は含まれていないが、11インチiPad Pro(2020)が1万円オフで購入できるセールが開催されている。値下げ対象となっているのは、128GBのシルバー256GBのスペースグレイ512GBのシルバー1TBのシルバーとスペースグレイだ。

2020年モデルでも十分に高い性能

M1チップを搭載した2021年モデルが登場したが、M1チップのパフォーマンスを必要としていなければ、2020年モデルで十分だ。11インチモデルはディスプレイは従来と同じ。内向きカメラが超広角になり、セルラーモデルが5Gに対応したことを除けば、ほとんど変わっていない。

僕は11インチiPad ProiPad mini 5を併用しているが、iPad Proを買い換える必要性は全く感じていない。iPad Proを1万円安く手に入れ、浮いたお金でアクセサリーを買うことをおすすめする。

型落ちモデルは整備済商品がおすすめ

なおさらに安く買いたい場合は、iPadの整備済商品の在庫を定期的にチェックしたほうが良い。12.9インチの2018年モデルのみ、記事執筆時点では在庫がある。2018年と2020年のiPad Proに性能差はほぼない。カメラ性能を必要としていなければ、非常にお買い得だ。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「アクセサリー・周辺機器のセール情報」新着記事
トレンド検索