男2人で山梨弾丸旅行:昇仙峡の覚円峰は”日本一の渓谷美”と言われているらしい

昇仙峡渓谷オムニバスに乗り、滝上エリアから駐車場エリアまで散歩道を歩いた

Shosenkyo Yamanashi JTC21 04

覚円峰

秩父多摩甲斐国立公園内にある、”日本一の渓谷美”とも言われている「覚円峰」や、その麓にある地殻変動による断層で生じた「仙娥滝」など、自然の魅力を散歩しながら楽しめる観光スポットが盛りだくさんの「御岳昇仙峡」に行ってきた。

駐車場に車を停めると、昇仙峡渓谷オムニバスの乗車を案内されたので乗車することに。「森の駅 昇仙峡」まで送ってもらい、2人で600円だった。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 08

本来はバス停「グリーンライン昇仙峡」や乗用車・バス用駐車場がある場所から登るコースが一般的だが、僕らは「滝上エリア」から下った。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 19

滝上エリアで紅水晶や未来電話を楽しむ

これが滝上エリア。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 15

Shosenkyo Yamanashi JTC21 16

これは、昇仙峡おもかる石「紅水晶」と呼ばれ、愛と癒やしをもたらす美の石だそう。石を持ち上げて重さを覚え、置いて願いを込めて、再度持ち上げた時に軽く感じたら願いが叶う、というもの。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 17

「……変わらん!」
Shosenkyo Yamanashi JTC21 18

未来電話」という不思議なスポットを発見。入ってみると、「受話器をあげて未来へ願い事をお話してください」と書かれていた。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 20

真剣に話した。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 23

本当にガッツリ話した。さあ、願いを叶えておくれ!
Shosenkyo Yamanashi JTC21 24

これは「布袋の願いも三度まで」。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 26

仙娥滝、昇仙橋、石門を楽しみつつ散歩コースを歩く

長い階段を降りた先には、「仙娥滝(せんがたき)」がある。
Shosenkyo Yamanashi 17

日本の滝百選にも名を連ねている「仙娥滝」の勢いは凄まじい。落差は約30m。、地殻変動による断層によって生じたという。
Shosenkyo Yamanashi 18

離れた位置からしか見れないが、飛び上がる水しぶきに迫力があった。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 34

仙娥滝を過ぎて進むと、「昇仙橋」や「石門」を見ることができた。
Shosenkyo Yamanashi JTC21 52

これが、巨大な花崗岩で自然に形成された天然アーチ「石門」。複数の岩で校正され、上に置いかぶさっている岩は右側にある岩とは密着せず、わずかな隙間を残して浮いている。
Shosenkyo Yamanashi 38

現地ではものすごく興奮したのに、浮いている部分の写真を撮り忘れてしまった。悔しい。
Shosenkyo Yamanashi 37

引き続く歩く。どこを見ても画になる。
Shosenkyo Yamanashi 35

Shosenkyo Yamanashi 39

Shosenkyo Yamanashi JTC21 56

帰って改めて調べてみると、昇仙峡は辺りが紅葉した秋頃が見頃のようだ。紅葉の中を歩き、紅葉に囲まれた覚円峰を見ることができたら心が満たされそうだ。

猫にも出会った。警戒心の強い猫と、僕らに一切興味を示さない猫の2匹。
猫

今回、僕が山梨を巡っているのは、2019年の大型台風で被災した14都県を応援するプロジェクト「FUKKOツイート旅」に参加しているから。該当する14都県は、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、 千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県。

多くの人が各県の魅力を「#2020ここは行くべき14都県」のハッシュタグでツイートしているので、チェックしてみるべし!

ギャラリー
関連情報
カテゴリ旅行(山梨)
更新日2020年03月03日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「旅行(山梨)」新着記事
トレンド検索