【本末転倒】Twitter、自分がフォローしているアカウントがフォローする別のアカウントのツイートを自分をタイムラインに表示する機能をテスト中か?!

Twitter
【img via Twitter Eggs at OSCON by Garrett Heath

ネットで人気のあるサービスはユーザーにより良いサービスを提供しようと常に様々なテストを実施してはリリースし、サービスクオリティの向上を目指している。提供した新機能や変更点が必ずしもユーザーに好意的に受け入れられてもらえるとは限らないが、それも試してみないと分からない部分は多い。規模の大きいサービスほどサービスコンセプトをもとにトライアル・アンド・エラーを重ねている印象を受ける。

Twitterも同様に様々な機能をテストしているが、今回試している新機能は物議を醸しそうな予感がする。現在、Twitterは自分がフォローしているアカウントがフォローする別のアカウントのツイートを自分をタイムラインに表示する機能をテスト中かもしれないと話題になっている。そもそものサービスコンセプトからズレズレであるように思えるが、果たして…?!

「フォローする」という行為自体の意味がなくなる?!

これは@aleefbaypayがツイートした以下の内容で明らかになったもの。どうやら本人がBuzzfeedのアカウントをフォローしていないのにも関わらず、自分のタイムラインにBuzzfeedのツイートが表示されている指摘している。

Twitterは定期的にランダムなアカウントで新機能をテストすることがある。これもその一環である可能性はあるが、この機能が実際に正式リリースされたとしたらTwitterは猛烈な批判を受けることになるだろう。

Twitterは自分の好きな情報を発信するアカウントをフォロー・アンフォローすることが魅力。Facebookのようにブラックボックス化された一般人には到底理解できないロジックをもとにコンテンツの表示が制御されることはない。自分がフォローしたアカウントが時系列順に表示される、というシンプルな仕組みがTwitterの良さだと僕は思う。

自分がフォローしているアカウントがフォローする別のアカウントのツイートを自分をタイムラインに表示する機能はこの概念を根底から揺るがす考え方だ。自分のタイムラインに表示されるコンテンツが制御できなくなるのは本末転倒。

個人的には何が何でもこの機能を実装することを避けてほしいと願っているが、Twitterはどう考えているのだろうか。行く末を見守りたい。

(via The Next Web

FOLLOW / 最新情報を購読