Twitter、特定の単語やハッシュタグを含む自分宛てのツイート通知をミュートできるように

Twitter mute feature

幸いにも心優しいフォロワーに恵まれている僕だが、人によっては執拗に誹謗中傷ツイートを送ってくる匿名アカウントに頭を悩ませている人も多いだろう。

本日、Twitterはこのような「嫌がらせ」に対し、ミュート機能と報告システムに変更を加えることを明らかにした

タイムラインを見なければ嫌なツイートは見なくて済む

自分宛の@ツイートに見たくない内容が含まれていたときのために、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含む自分宛ての@ツイートの通知をミュートする設定を用意。このミュート設定を行うことによって、これらのツイートが通知タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知で通知されないようにすることができる。

この場合、ミュートした単語やハッシュタグを他のユーザーがリプライ(返信)した時はもちろんのこと、いいねやリツイート、引用リツイートなどの反応した時も通知されなくなる仕組み。

他にも会話の通知をミュートすることもできる。会話をミュートするとミュート以後、その会話に関する新しい通知は受信しなくなる。

ただし、注意点として単語やハッシュタグのミュートは通知にのみ適用される。つまり、タイムラインや検索ではそれらを含むツイートが表示されるため、エゴサーチなどでは目に触れてしまう可能性がある。

新しいミュート機能は今後数日以内に順次利用可能になるとのこと。

FOLLOW / 最新情報を購読